コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひりひり ヒリヒリ

デジタル大辞泉の解説

ひり‐ひり

[副](スル)
皮膚や粘膜に、軽くしびれるような痛みを感じるさま。また、辛味が強く舌などが軽くしびれるさま。「日に焼けて背中がひりひり(と)する」「のどがひりひり(と)する」
細長いものなどが、小刻みに震えるさま。
「くちなは出でて―とひろめきてやがて死ぬ」〈著聞集・二〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひりひり

( 副 ) スル
(「と」を伴っても用いる)
皮膚・のどなどに痛みや辛みなどの刺激を感じるさま。 「肌が-する」 「すりむいた所が-(と)痛い」 「このカレーは口の中が-するほど辛い」
小刻みに震え動くさま。 「くちなはいでて-とひろめきてやがて死ぬ/著聞 30

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ひりひりの関連キーワード錯感性股神経痛サンショウクイギ酸(蟻酸)蘞み・刳み辛い・鹹いひりつく帯状疱疹毒クラゲかみそりひいひいピリン疹知覚異常ひららくひらつくやけど日焼け薬疹疼ぐ疼く辛み

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひりひりの関連情報