ひりひり(読み)ヒリヒリ

デジタル大辞泉の解説

[副](スル)
皮膚や粘膜に、軽くしびれるような痛みを感じるさま。また、辛味が強く舌などが軽くしびれるさま。「日に焼けて背中がひりひり(と)する」「のどがひりひり(と)する」
細長いものなどが、小刻みに震えるさま。
「くちなは出でて―とひろめきてやがて死ぬ」〈著聞集・二〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 細長いもの、小さいものなどが小刻みに動くさま、ひるがえるさまを表わす語。
※古今著聞集(1254)二〇「くちなはいでて、ひりひりとひろめきてやがてしぬ」
② 苦しさにもだえて痙攣するさまを表わす語。
※おあむ物語(1661‐73頃)「鉄鉋玉来りて、〈略〉あたりて、そのままひりひりとして死でおじゃった」
③ 皮膚、神経などが、続けざまに、小さいがはげしく痛むさまを表わす語。
※滑稽本・和合人(1823‐44)初「向臑から股がひりひりするは」
④ 咽喉のかわくさまを表わす語。
※滑稽本・八笑人(1820‐49)二「のまねへでこてへられるものか。手拭を見たら、のどがひりひりすらア」
⑤ 辛味を感じるさまを表わす語。
※雑俳・柳多留‐一九(1784)「ひりひりからいがい世やの鰹也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひりひりの関連情報