しくしく

精選版 日本国語大辞典「しくしく」の解説

しく‐しく

〙 (「しくしく(頻頻)」と同語源か。「と」を伴って用いることもある)
① 勢いなくあわれげに泣くさまを表わす語。
※右京大夫集(13C前)「たえがたくかなしくて、しくしくとなくよりほかの事ぞなき」
② たえずさしこむように、にぶく痛むさまを表わす語。
※虎寛本狂言・蚊相撲(室町末‐近世初)「きゃつが相撲はふしぎなすまふじゃ。〈〉、何とやら身うちがしくしくとすると思ふたれば、目がくるくるとまふた」
※土(1910)〈長塚節〉二「頭の心がしくしくと痛むやうでいつになく重かった」
③ 決断できないで、態度、気持などがはっきりしないさまを表わす語。ぐずぐず。じくじく。
虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一七「御互も、かうやって三十年近くも、しくしくして…」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「しくしく」の解説

しく‐しく

[副](スル)
声をひそめて弱々しく泣くさま。「子供がしくしく(と)泣く」
それほど激しくはないが、絶えず痛むさま。「腹がしくしくする」
[類語](1さめざめめそめそひいひいよよおいおいわあわあわんわん/(2ずきずききりきり痛むうずくちくちくひりひりひりつくしみる差し込む痛める痛いずきんずきんがんがんぴりぴりちくり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android