ちょきん(読み)チョキン

デジタル大辞泉の解説

ちょきん

[副]
はさみなどで物をたち切る音や、そのさまを表す語。ちょっきん。「ひもをちょきんと切る」
きちんとしているさま。
「自分の傍に―と坐って」〈独歩帰去来

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょきん

( 副 )
物をはさみなどで断ち切る音を表す語。ちょきり。 「はさみで-と切る」 「枝を-と切る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょきん

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 物事が乱れないできちんとしているさまを表わすちょきり
※怪化百物語(1875)〈高畠藍泉〉上「焦茶の平うち紐の帯どめ、銀のいぶしの定紋のかなもので、ちょきんと留」
② はさみなどで物をたち切るさまを表わす語。ちょっきん。
※通学物語(1941)〈渋沢秀雄〉七種爪「濡れたままの爪を大きな鋏で器用に剪った。チョキン、チョキンといふ音と一緒に、こまかい角質が陽の光のなかに散るのはいい気持だった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちょきんの関連情報