ちょこちょこ(読み)チョコチョコ

デジタル大辞泉の解説

ちょこ‐ちょこ

[副](スル)
小またで足早に歩いたり走ったりするさま。ちょこまか。また、動作に落ち着きのないさま。「子供がちょこちょこ(と)歩く」
物事を簡単に手早くするさま。「目の前でちょこちょこと紹介状を書いてくれる」
わずかの間を置いて、何度も行われるさま。ちょくちょく。「最近ちょこちょこ遊びに来る」
物事を少しずつ行うさま。「ブログをちょこちょこ(と)更新する」
ちらほらと目につくさま。「ちょこちょこ(と)まちがいがある」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょこちょこ

( 副 ) スル
小股で速く歩き、または走るさま。 「子供が-(と)歩き出した」 「小犬が-(と)駆けまわる」
落ち着かず、いつも動き回っているさま。ちょこまか。 「 -(と)よく働く人だ」 「そう-しないで少しは落ち着けよ」
わずかの間をおいて回数を重ねるさま。ちょくちょく。ちょいちょい。 「 -(と)休む」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょこ‐ちょこ

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 小走りに走るさま、また、落ち着きなく動きまわるさま、あちこちこまめに動くさまを表わす語。ちょこまか
※かた言(1650)五「人の小足に歩み侍ることを、ちょこちょこといふも、ありき侍るかたちにや、しほらしきこと葉成べし」
② 目だたないようにこそこそするさま、また手間どらず簡単にするさまを表わす語。ちょこまか。
浄瑠璃・夏祭浪花鑑(1745)一「新米よ、なまの八が云通り、おのりゃちょこちょこ腰な物ひぢるな」
③ 少しずつあちこちにちらばっているさまを表わす語。
※狂歌・古今夷曲集(1666)一「ちょこちょこと沢辺に残る雪はただ まっしら鷺がすくんだと見ゆ」
④ ひそかに情事をしたり、しかけたりするさまを表わす語。ちょこまか。
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)上「もし濡(ぬれ)などを企つるとも、目立たぬ様に物陰へ寄って、ちょこちょこちょこちょこ濡れたがよくおんじゃる」
⑤ 手軽に、または少しずつ、何度もするさまを表わす語。ちょいちょい。ちょくちょく。
※浄瑠璃・平仮名盛衰記(1739)二「お家主様、今日は何事がおこってやらちょこちょこお出」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちょこちょこの関連情報