コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちょこちょこ チョコチョコ

デジタル大辞泉の解説

ちょこ‐ちょこ

[副](スル)
小またで足早に歩いたり走ったりするさま。ちょこまか。また、動作に落ち着きのないさま。「子供がちょこちょこ(と)歩く」
物事を簡単に手早くするさま。「目の前でちょこちょこと紹介状を書いてくれる」
わずかの間を置いて、何度も行われるさま。ちょくちょく。「最近ちょこちょこ遊びに来る」
物事を少しずつ行うさま。「ブログをちょこちょこ(と)更新する」
ちらほらと目につくさま。「ちょこちょこ(と)まちがいがある」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょこちょこ

( 副 ) スル
小股で速く歩き、または走るさま。 「子供が-(と)歩き出した」 「小犬が-(と)駆けまわる」
落ち着かず、いつも動き回っているさま。ちょこまか。 「 -(と)よく働く人だ」 「そう-しないで少しは落ち着けよ」
わずかの間をおいて回数を重ねるさま。ちょくちょく。ちょいちょい。 「 -(と)休む」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ちょこちょこの関連キーワード脳、脊髄、神経系の主要な症状パーキンソン症候群ちょこちょこ走りちょこちょこ歩きちょぼくさおんじゃるちょびかわトウネン小股走りひらつく犬走りあだ名小犬北山小股回数

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちょこちょこの関連情報