コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちょぼ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ちょぼ

人形浄瑠璃作品を移入した歌舞伎の演目に用いられる義太夫節,およびその語り手をいう。人形浄瑠璃と異なり,この場合,義太夫節はせりふのやりとり以外の,情景や心理描写の部分だけを受持つ。語り手は,舞台の上手 (向って右) のすだれのかかった場所または舞台 (ゆか) 上に設けられた「」と呼ばれる演奏所で語る。語源としては,詞章本の受持ちの部分に傍点 (ちょぼちょぼ) を付すところから出たといわれる。近年はこの呼称を避け,一般に「竹本」と呼ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ちょぼ

歌舞伎劇で使われる義太夫節のこと。舞台上手(かみて)の(ゆか)または(みす)の中で語る。一説には太夫が,自分の本に語る個所にちょぼちょぼと傍を付けたことから,この語が生まれたというが,確証はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ちょぼ
ちょぼ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ちょぼの関連キーワードちょぼくれちょんがれ小川 照(3代目)並木正三(1世)高井立志(初代)御壺口・御壷口平田(岐阜県)北海道函館市鳥辺山心中阿呆陀羅経ちょぼくれ丸本歌舞伎ちょんがれ野口愛美さいころちょぼ口鉄梃親父おちょぼ歌舞伎劇点語り御壺口

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちょぼの関連情報