コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なだらか ナダラカ

デジタル大辞泉の解説

なだ‐らか

[形動][文][ナリ]
傾斜の度合いがゆるやかなさま。「なだらかな坂」
物の表面が角ばっていないさま。滑らか。
「鏡という道具は…―に人の顔を写さなくては義理が立たぬ」〈漱石草枕
「―なる石、角(かど)ある岩など」〈宇津保・祭の使〉
物事が滞ることなく進むさま。円滑なさま。滑らか。「なだらかな口調」
「若き人々の―に物聞こゆべきもなく」〈・橋姫〉
何も変わったことのないさま。平穏。無事。
「―にて世の中を過ぐさむことを願ふなり」〈・東屋〉
人の性格・態度などが、穏やかなさま。角立たないさま。
「我も人も心得て、―にもてなし過ぐし給はば」〈・若菜上〉
[派生]なだらかさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なだらか

( 形動 ) [文] ナリ 
斜面の傾斜の緩いさま。 「 -な坂」 「 -な丘」
物事の進行が順調でつかえないさま。円滑であるさま。 「 -に話す」 「響の灘も-にすぎぬ/源氏 玉鬘
物の表面がかどかどしくないさま。平らか。 「 -なる石、角ある岩など拾ひたてたる中より/宇津保 祭の使
性格や行為に角かどのないさま。円満。おだやか。 「心ばせの-にめやすく、憎みがたかりしことなど/源氏 桐壺
ほどよいさま。無難なさま。 「ものかしこげに-に修理すりして/枕草子 178
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

なだらかの関連キーワードチューリップ・ライン乗鞍岳・乗鞍嶽ナロードナヤ山シチリアーノオバーバーグだらだら上りだらだら下りあいしらう千種[区]サスツルギアジュルン輪郭・輪廓茶臼山高原マレアレア周氷河地形遠山の眉天塩山地言葉の花宗谷丘陵亜哥花園

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なだらかの関連情報