コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

だらだら ダラダラ

デジタル大辞泉の解説

だら‐だら

[副](スル)《「たらたら」を強調した言い方》
液体がたくさん流れつづけるさま。「血がだらだら(と)出る」
道がゆるやかな傾斜になっているさま。「坂道がだらだら(と)続く」
変化の乏しい状態が長く続くさま。「会議がだらだら(と)長引く」
気分などがゆるんでしまりのないさま。「だらだら(と)した生活

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だらだら

( 副 ) スル
血や汗などが流れ出るさま。 「 -(と)血が出る」
粘りけのあるものが流れ出るさま。 「 -(と)はちみつがびんから流れ出た」
ゆるやかな傾斜のつづくさま。 「 -(と)した坂」
きまりなく長々と続くさま。また、物事をのろのろとするさま。 「工期が-(と)のびる」 「 -した態度」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

だらだらの関連キーワードスミイカ(墨烏賊)リップ/リッピングそんなの関係ねえのんべんだらりみやむらゆみこR. ルムランばかりばかり前立腺肥大症牛の角突合いだらだら降り伊弉冉景気第十四循環螺子が緩む便便だらり長崎の赤飯ポタリング惰眠を貪るしたるしぐだぐだまったり

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

だらだらの関連情報