コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なはる なはる

大辞林 第三版の解説

なはる

( 動四 )
〔「なさる」の転。近世後期の遊里語として用いられ、のち一般にも用いられるようになった〕
「する」の尊敬語。なさる。せられる。 「南でするやうな事-・ると中居が興をさます/洒落本・浪花色八卦」
(補助動詞) 動詞の連用形(「お」を冠することがある)に付いて、尊敬の意を表す。お…なさいます。 「本町の福さんが来-・つて、…わつちをせめ-・るから/洒落本・五臓眼」 「ちつとおよん-・いましな/滑稽本・浮世風呂 2」 〔 (1) 助動詞「ます」が付くとき、「なはります」「なはいます」の二形があり、さらに転じて「なはりやす」「なはいやす」「なはいす」などの形も用いられる。 (2) 命令形には「なはれ」「なはい」の二形がある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

なはるの関連キーワード不返の流罪福知山藩朽木為綱なある洒落本紅の涙はる沾徳山祇なる不次

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android