なんだ(読み)ナンダ

  • なん◦だ
  • なん・だ
  • 助動
  • 連語

デジタル大辞泉の解説

[助動][なんだら|なんで(なんだり)|なんだ|なんだ(なんだる)|なんだれ|○]動詞型活用語の未然形に付く。過去の打消しの意を表す。なかった。
「売薬の外は誰にも逢わなんだことは」〈鏡花高野聖
「実否ヲ未ダ決シサセラレナンダレバ」〈天草本伊曽保・イソポが生涯〉
「物しったり物しらなんだり、物しり物しらずさ」〈滑・浮世床・初〉
[補説]語源未詳。打消しの助動詞「ぬ」に「あった」の付いた「ぬあった」の音変化とみる説や、打消しの「なん」に過去の「た」が付いた助動詞からとする説など、諸説がある。室町時代から江戸後期まで用いられたが、江戸末期からは「なかった」がそれに代わった。現在では、主に関西方言に行われる。
[連語]なのだ[連語]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘助動〙 (活用は「なんだら・なんだり、なんで・なんだ・なんだ、なんだる・なんだれ・〇」) (動詞型活用語の未然形に付いて) 過去における否定的状態を表わす。なかった。
※史記抄(1477)七「沛の中で豊ばかりを復せられなんたしものぞ」
※鳩翁道話(1834)一下「犬にとられはせなんだ歟、蛇にとられはせぬ歟」
[語誌](1)中世から用いられ、連用形「なんで」や終止・連体形「なんだ」は、主として西日本において、現代にまで継承されている。近代後期江戸語でも用いられたが、次第に「なかった」にその勢力を譲るようになった。
(2)「ぬ」の過去形に相当し、打消の「ぬ」および過去・完了の「た(たり)」を構成要素とすることは確実であるが、「なんだ」の語形の成立については、諸説があるものの明らかでない。
(3)サ変動詞「す」および助動詞「ます」に付く場合、江戸語では「せなんだ」と「しなんだ」、「ませなんだ」と「ましなんだ」の両方があった。
(「なのだ」の変化したもの) =なのだ
※義血侠血(1894)〈泉鏡花〉二〇「真箇(ほんと)に顔を見るのも可厭(いや)なんだ」
[補注]話しことばで多く用いられる。丁寧形は「なんです」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なんだの関連情報