コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なんだ ナンダ

デジタル大辞泉の解説

なんだ[助動]

[助動][なんだら|なんで(なんだり)|なんだ|なんだ(なんだる)|なんだれ|○]動詞型活用語の未然形に付く。過去の打消しの意を表す。なかった。
「売薬の外は誰にも逢わなんだことは」〈鏡花高野聖
「実否ヲ未ダ決シサセラレナンダレバ」〈天草本伊曽保・イソポが生涯〉
「物しったり物しらなんだり、物しり物しらずさ」〈滑・浮世床・初〉
[補説]語源は未詳。打消し助動詞「ぬ」に「あった」の付た「ぬあった」の音変化とみる説や、打消しの「なん」に過去の「た」が付いた助動詞からとする説など、諸説がある。室町時代から江戸後期まで用いられたが、江戸末期からは「なかった」がそれに代わった。現在では、主に関西方言に行われる。

な‐ん◦だ[連語]

[連語]なのだ[連語]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なんだ

( 助動 ) ( なんだら ・なんだり(なんで) ・なんだ ・なんだ(なんだる) ・なんだれ ・○ )
〔中世後期から近世江戸語まで用いられたが、江戸語の末期には「なかった」も用いられるようになり、現代語では関西地方などで用いられる以外は、「なかった」に取ってかわられた〕
動詞および動詞型活用の助動詞の未然形に付いて、過去における動作・作用・状態などの打ち消しを表す。なかった。 「雷義がついに取らなんだれば、雷義が居ぬまに/蒙求抄 2」 「今までかみなり殿のれうぢのいたしやうを習はなんでござる/狂言・雷」 「まだ正月の礼にさへ参りませなんだ/歌舞伎・阿波の鳴門」 「おや、さつぱり知れましなんだわ/人情本・梅児誉美 」 〔 (1) この語の成立については未詳。一説に「ぬあった」の転かともいう。 (2) 江戸語では、サ変動詞「す」および助動詞「ます」に付く場合、「せなんだ」と「しなんだ」、「ませなんだ」と「ましなんだ」の二形が行われた〕

なんだ

( 連語 )
〔「なのだ」の転〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

なんだの関連キーワード抜かす・吐かす阿知波 信介オトナロイドキム ヘジャ此れ式・是式カンパニーレじょうける長屋の花見饅頭こわい橋本 久明ましなんだ荒勢 永英ませなんだ何だって荒井 注内村直也夏木陽介関りおんTTRE藤木 悠

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なんだの関連情報