コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のろ(神女) のろ

百科事典マイペディアの解説

のろ(神女)【のろ】

琉球で祭祀をつかさどる神女で,〈のろ〉のほか〈のろくめ〉〈のるくめ〉などと記される。祝女とするのは宛字。琉球王国のもとでは聞得大君(きこえおおきみ)・君々(きみぎみ)・大阿母(おおあも)という神女組織の末端に位置づけられ,王国の地方行政の区分である間切(まぎり)にあって,〈しま〉(村)の祭を管轄していた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android