首里王府(読み)しゅりおうふ

百科事典マイペディアの解説

首里王府【しゅりおうふ】

琉球王国の統治組織。琉球王府・中山(ちゅうざん)王府ともいう。国王を頂点とし,国王補佐役の摂政(せっせい)と三司官(さんしかん)と称する執政官(3人)が中枢機関で,その役所を評定所(ひょうじょうしょ)という。評定所には三司官の下に表(おもて)十五人という長官・次官クラスの役人がおり,財政・外交・文教・司法・治安などそれぞれの部署を管掌し,国事の重要案件を審議・答申,その下に約60の役座(役所)があった。地方には間切(まぎり)とよばれる行政単位ごとに,番所という役所が置かれ,離島には蔵元(くらもと)という地方政庁が置かれた。なお王国の祭祀を司る聞得大君(きこえおおきみ)を頂点とする神女組織があった。1879年の琉球処分で王府は崩壊。
→関連項目首里城琉球文化歴代宝案

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の首里王府の言及

【琉球】より

琉球使節)。薩摩,幕府への従属を強いられた一方で,伝統的な中国との朝貢・冊封関係は維持され,直接的な統治主体としての首里王府も存続した。いわば,日本の体制内の一員としての顔と体制外の異国としての顔を同時にもつ従属的な国家となった。…

※「首里王府」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android