コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首里王府 しゅりおうふ

2件 の用語解説(首里王府の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

首里王府【しゅりおうふ】

琉球王国の統治組織。琉球王府・中山(ちゅうざん)王府ともいう。国王を頂点とし,国王補佐役の摂政(せっせい)と三司官(さんしかん)と称する執政官(3人)が中枢機関で,その役所を評定所(ひょうじょうしょ)という。
→関連項目首里城琉球文化歴代宝案

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の首里王府の言及

【琉球】より

琉球使節)。薩摩,幕府への従属を強いられた一方で,伝統的な中国との朝貢・冊封関係は維持され,直接的な統治主体としての首里王府も存続した。いわば,日本の体制内の一員としての顔と体制外の異国としての顔を同時にもつ従属的な国家となった。…

※「首里王府」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

首里王府の関連情報