コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮古列島 みやこれっとう

百科事典マイペディアの解説

宮古列島【みやこれっとう】

沖縄県先島諸島東部の諸島。宮古諸島とも。宮古島とその周辺の伊良部島下地島池間島,来間島,大神島,西にやや離れた多良間島,水納島の8島からなる。宮古島市と宮古郡多良間村に分かれ,サトウキビ,鰹節,宮古上布を産する。
→関連項目先島諸島琉球語

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕宮古列島(みやこれっとう)


沖縄県先島(さきしま)諸島東部にある島嶼(とうしょ)群。宮古島を主島に、池間(いけま)島・伊良部(いらぶ)島・下地(しもじ)島・来間(くりま)島・大神(おおがみ)島・多良間(たらま)島・水納(みんな)島の8島からなる。宮古島・伊良部島・下地島など主要部は宮古島市に属す。すべて琉球(りゅうきゅう)石灰岩におおわれ、地形は平坦(へいたん)。沿岸には裾礁(きょしょう)が発達。サトウキビ栽培とウシの放牧が行われる。沿岸漁業が盛ん。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮古列島
みやこれっとう

沖縄県先島(さきしま)諸島中にある島々。宮古島を主島に8島からなる。宮古諸島ともいう。沖縄県宮古島(みやこじま)市と宮古郡多良間(たらま)村からなる。全島が第三紀島尻(しまじり)層群を基盤として琉球(りゅうきゅう)石灰岩に覆われた低平な台地状の低島からなり、河川がほとんど発達しないため、地下水に依存する。各島の周囲には、発達のよい裾礁(きょしょう)が取り巻き、好漁場となる。宮古島(面積159.21平方キロメートル、2009年の住民登録人口4万7631)を中心に、伊良部(いらぶ)島(29.05平方キロメートル、同人口6003)、下地(しもじ)島(9.54平方キロメートル、同人口33)、池間(いけま)島(2.83平方キロメートル、同人口731)、大神(おおがみ)島(0.24平方キロメートル、同人口36)、来間(くりま)島(2.84平方キロメートル、同人口179)が、また宮古島の西方66キロメートルに位置する多良間(たらま)島(19.76平方キロメートル、同人口1335)に近接して水納(みんな)島(2.15平方キロメートル、同人口4)があり、すべてサトウキビ農業を中心としている。宮古島―池間島、宮古島―来間島、伊良部島―下地島間は架橋されている。宮古島を中心として各島に航路がある。[目崎茂和]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宮古列島の言及

【沖縄[県]】より


【風土と産業】
 沖縄県の自然は本土と大きく相違し,亜熱帯風土の特色を有している。県域は,九州南端から台湾にいたる海域に飛石のように連なる南西諸島のうち,北部の薩南諸島(大隅諸島,奄美諸島)を除いた琉球諸島,すなわち沖縄諸島先島諸島(八重山列島,宮古列島),尖閣諸島と琉球海溝をへだてて大東諸島などの島々から構成される。琉球弧(琉球諸島)の地体構造は,次のように分けられる(1965,小西健二)。…

【先島諸島】より

…沖縄県の宮古列島と八重山列島の総称。先島は沖縄本島より先にある島々の意。…

※「宮古列島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宮古列島の関連キーワードヤエヤマサソリ(八重山蠍)マダラサソリ(斑蠍)沖縄県宮古島市ニライカナイ多良間(村)宮古島(市)宮古島[市]伊良部〈町〉城辺[町]上野[村]沖縄(県)平良〈市〉平良[市]八重山列島宮古島市比嘉康雄沖縄諸島トーガニ石灰岩島うた

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android