コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はずみ車 はずみぐるまflywheel

翻訳|flywheel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

はずみ車
はずみぐるま
flywheel

フライホイールともいう。軸まわりのねじりモーメント (トルク) 変動のある機械の回転速度をなるべく一様にするため,通常,軸の端部に取付ける円盤状の機械部品。形状,寸法は各機械に許容される速度変動率,変動1サイクル中のエネルギーの過不足量,平均回転速度から得られる所要慣性モーメントによって定まる。直径を大きくして外周質量を集めるほうが効果的である。また最近では,エネルギー貯蔵用として,ガラス繊維炭素繊維を巻きつけ円盤状に成型したものが登場してきている。この場合は,軽量で超高速回転に耐えるものほど,エネルギーの貯蔵量は大きくなる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

はずみ車【はずみぐるま】

フライホイールflywheelとも。主として回転体の速度変動などを小さくするために用いられる回転体。大きな慣性モーメントをもつ。内燃機関などでは発生するトルクが1回転中に変動し,プレス,空気圧縮機などでは負荷が周期的に変動する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はずみぐるま【はずみ車 flywheel】

大きな慣性モーメントを利用して回転エネルギーの蓄積,放出を行う回転体。フライホイールともいう。物体が一つの軸のまわりに回転運動をするときは,慣性モーメントと回転速度の2乗に比例する大きさの運動のエネルギーをもつ。したがって,回転運動をしている機械部品(以下,回転体と呼ぶ),例えば,蒸気タービンや電動機回転子,内燃機関のクランク軸,あるいは一般機械中の歯車,ベルト車などはすべて回転中には運動のエネルギーをもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

はずみ車
はずみぐるま

回転速度のむらをなくすために取り付けられた車。フライホイールflywheelともいう。蒸気機関、内燃機関などでは蒸気圧、ガス圧の変動やピストン・クランク機構などによって1サイクル間の駆動力のむらは、そのままでは除去できない。機械はその回転中は、なるべく円滑に回転するのが望ましい。そこで、駆動と負荷との差によって発生する回転速度の変動を少なくするために、はずみ車が使われる。通常、直径、重量とも大きなはずみ車を使い、大きな運動エネルギーを吸収保有させておき、最大負荷に対して、このエネルギーを利用する。たとえば打抜き機械、鍛造機械では電動機の出力を打撃時に最大にしておくと、無負荷状態で出力のむだが生ずるので、電動機出力を1サイクルの平均抵抗力にしておき、軸にはずみ車を取り付けてこれに運動エネルギーを吸収させ、このエネルギーを打撃時に利用する方法がとられる。[中山秀太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

はずみ車の関連キーワードルノアール(Jean Joseph Étienne Lenoir)フライホイール電力貯蔵システム日本の遊び・玩具史(年表)フライホイール電力貯蔵ディーゼルエンジンガソリンエンジン風車(ふうしゃ)ジョークラッシャエンジン発電機消防自動車スターター井口在屋紡錘車ミシン火鑽臼轆轤勢車リム天府

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

はずみ車の関連情報