コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぶかぶか ブカブカ

デジタル大辞泉の解説

ぶか‐ぶか

[副](スル)
身に着ける物が大きすぎて、ゆるんでいるさま。「お下がりのぶかぶか(と)したズボン」
ふくれてやわらかくなっているさま。「雨が漏って壁がぶかぶかしてきた」
大きな音でらっぱなどの気鳴楽器を鳴らす音や、そのさまを表す語。「アコーディオンをぶかぶか鳴らす」
[形動]
1に同じ。「ぶかぶかな帽子」
2に同じ。「水を含んでぶかぶかなベニヤ板」
[アクセント]カブカ、はブカブカ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶかぶか

[0] ( 形動 )
身に着ける物が大きすぎるさま。 「 -なズボン」
中にすき間があって、そこだけ浮いているさま。 「屋根のトタン板が-だ」
[1] ( 副 ) スル
に同じ。 「この靴は-して歩きにくい」
に同じ。 「台所の床板が-してきた」
金管楽器で低音を吹きならす音やそのさまを表す語。 「らっぱを-鳴らす」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ぶかぶかの関連キーワードビッグシルエットアコーディオンアクセント気鳴楽器ベニヤ板がばがばだぶだぶらっぱズボン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぶかぶかの関連情報