コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

襁褓/御湿 オシメ

6件 の用語解説(襁褓/御湿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

お‐しめ【襁褓/御湿】

《「しめ」は湿布(しめし)の略》乳幼児などの股を覆って大小便を受ける布や紙。おむつ。むつき。「―を当てる」

きょう‐ほう〔キヤウ‐〕【××褓】

おむつ。おしめ。
赤子のこと。
赤ん坊をくるむ布。産着。
「近衛院三歳、六条院二歳、これみな―の中に包まれて」〈平家・四〉

むつき【襁褓】

幼児や病人の大小便を取るために、腰から下に当てておくもの。おしめ。おむつ。
生まれたばかりの子に着せる衣。産着。
「御衣(おんぞ)、御―」〈栄花・初花〉
ふんどし。
「赤裸にて―をかき」〈盛衰記・一〇〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きょうほう【襁褓】

〔「きょうほ」とも〕
赤子を包む布。産着。 「 -のなかに包まれて衣帯を正しうせざしかども/平家 4
おしめ。おむつ。
赤子のこと。

むつき【襁褓】

おむつ。おしめ。 「 -をあてる」
生まれたばかりの子に着せる衣。産着うぶぎ。 「藤宰相は、御衣御-/紫式部日記」
ふんどし。 「赤裸にて-をかき/盛衰記 10

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

襁褓
むつき

おしめ、おむつともいう。襁はおびひもで、幅八寸(約24センチメートル)、長さ二尺(約60センチメートル)の絹織物でつくり、小児を背に約(やく)して負うもの、褓は小児の被衣のことで、転じて、幼少のときという意味もある。『和名抄(わみょうしょう)』(931~938ころ)、『紫式部日記』(1008~10)にすでにこの呼び名がみえる。『和漢三才図会』(1712)には「児の腰尻に当て、不浄の物を受ける小巾をさす」とあり、このころには、小児出生のとき、外祖母が襁褓を12枚贈る風習があったという。有職(ゆうそく)故実書の『貞丈雑記』(1763~84)には小児の衾(ふすま)(寝るとき、上にかぶせるもの)のことを称したとある。[岡野和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の襁褓/御湿の言及

【おむつ】より

…おしめは〈湿し〉の女性用語で,排尿便を意志でコントロールできない乳幼児,あるいは自力で用が足せない病人,老人の大小便の始末のために,腰部,股間にあてる布や紙ナプキンをさしている。 おむつは〈むつき(襁褓)〉に由来する。褓は体をくるむ布,襁はそれをしばるひもを意味し,もともと,生まれたばかりの赤子の体をくるむ布をさしていた。…

【子ども服】より

…通学服や運動服に洋服が取り入れられるようになったのは大正時代の末ころからである。【池田 孝江】
[日本の着物]
 平安時代の貴族社会では,赤子に着せる綾などの衣服を襁褓(むつき)といい,祝いに贈る風習があった。これは今日の宮参りの祝着に関係があると思われる。…

※「襁褓/御湿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

襁褓/御湿の関連キーワード虎子大小便垂れ流す手を取る遺矢御丸小便溜め小便壺立小便労を取る

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone