コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緩緩 カンカン

デジタル大辞泉の解説

かん‐かん〔クワンクワン〕【緩緩】

[ト・タル][文][形動タリ]ゆるやかなさま。急がないさま。ゆったり。
「遅々として往き、―として歩し」〈鉄腸雪中梅

ゆる‐ゆる【緩緩】

[副]
動作や気分がゆったりしているさま。のびのび。「別荘で緩緩(と)くつろぐ」
急がないさま。ゆっくり。「葬列が緩緩(と)進む」
柔らかいさま。
「堅かりける物、―となりて」〈沙石集・七〉
[形動][文][ナリ]
ゆるやかなさま。きっちりしていないさま。「緩緩な服」
おだやかなさま。平穏。
「世間の―な時は、文人がよい」〈史記抄・申韓伝〉
[アクセント]ルユル、はユルユル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんかん【緩緩】

( トタル ) [文] 形動タリ 
ゆっくりしたさま。ゆったりしたさま。 「悠々-として/真善美日本人 雪嶺

ゆるゆる【緩緩】

[1][3] ( 副 ) スル
急がずゆっくり動くさま。 「行列が-と進む」
のんびりくつろいださま。急がないさま。 「今日は濁り酒で-やりましょう」 「心ノ-トシタ人ヂャ/日葡」
やわらかくなるさま。 「彼の堅かりける物-となりて/沙石 7
髪の毛がふさふさしたさま。 「髪のひまなうこりあひて、裳の裾に-とひかれたるさまなど/寝覚 3
物が伸び広がるさま。 「庭のまま-生ふる夏草を分けてばかりにこむ人もがな/和泉式部集」
[0] ( 形動 ) [文] ナリ 
ゆるんでいるさま。 「 -のズボン」 「やせて今までの洋服が-になる」
おだやかなさま。 「世間の-な時は、文人がよい/史記抄 10

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

緩緩の関連キーワード真善美日本人アクセント悠悠閑閑トタル別荘雪嶺文人葬列

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android