へそ(臍)(読み)へそ

百科事典マイペディア「へそ(臍)」の解説

へそ(臍)【へそ】

哺乳(ほにゅう)類の前腹壁の中央にある軽い陥凹,または小隆起を伴う陥凹。胎生時に臍帯(さいたい)の付着した部分で,出生後その脱落したあとの瘢痕(はんこん)の創面が表皮でおおわれたもの。ヒトのへそに類似の形態をもつ生物体のさまざまな部分も一般にへそと呼ばれることがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android