コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べたり ベタリ

デジタル大辞泉の解説

べたり

[副]
粘りけのあるものが多量につくさま。べったり。「血がべたりと手につく」
はがれにくいようにはりつけるさま。「注意書きをべたりとはる」
だらしなく尻をつけて座るさま。「べたりと座り込む」
印判などを色濃く押すさま。「封書にべたりと押印する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

べたり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
ねばねばしたものがくっつくさま。べっとり。べったり。 「ワッペンを-とはりつける」
だらしなく尻を床につけて座るさま。 「座敷に-と座りこむ」
印鑑などを濃く押すさま。 「赤い判が-と押してある」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

べたりの関連キーワードムギムギ シリアルタイムDNSルックアップ嘗める/舐めるテーブルグリル字引と首っ引きタラソテラピーシュペッツレ森の健康診断図書館協議会核医学的検査カット野菜多変量解析考え合せる食飽きる越前蕎麦バタリー探り出すべたっと掘下げる確かめる

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

べたりの関連情報