コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まほし マホシ

デジタル大辞泉の解説

まほし[助動]

[助動][まほしから|まほしく・まほしかり|まほし|まほしき・まほしかる|まほしけれ|○]《「まくほし」の音変化》動詞、助動詞「す」「さす」「ぬ」の未然形に付く。
話し手の希望の意を表す。…したい。
「あはぬまでも、見に行かまほしけれど」〈宇治拾遺・六〉
話し手以外の人の願望を表す。…たがっている。
「すこしもかたちよしと聞きては、見まほしうする人どもなりければ、かぐや姫を見まほしうて」〈竹取
(「あらまほし」の形で)他に対する希望や期待の意を表す。…あってほしい。
「人は、かたち、ありさまのすぐれたらんこそ、あらまほしかるべけれ」〈徒然・一〉
[補説]語幹相当部分に接尾語「がる」「げなり」の付いた「まほしがる」「まほしげなり」の形もある。「御供に我も我もと物ゆかしがりて、まう上らまほしがれど」〈・若菜下〉「ことしも心ちよげならむ所のかぎりせまほしげなるわざにぞ見えける」〈かげろふ・中〉など。「まほし」は平安時代によく用いられたが、中世に入ると「たし」と交替するような形で、しだいに用いられなくなった。3については、「望ましい」「理想的だ」の意の形容詞とみる説もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まほし

( 助動 ) ( まほしから ・まほしく(まほしかり) ・まほし ・まほしき(まほしかる) ・まほしけれ ・○ )
〔「まくほし」の転〕
希望の助動詞。動詞およびこれと同じ活用型の助動詞の未然形に接続する。
その動作をすることをみずから希望する意を表す。…したい。
話し手の希望を表す。 「世の中に多かる人をだに、すこしもかたちよしと聞きては、見まほしうする人どもなりければ/竹取」 「いくばくならぬこの世の間は、さばかり心ゆく有様にてこそ過ぐさまほしけれ/源氏 若菜上
話し手以外の者の希望を表す。 「もしまことに聞こし召しはてまほしくは、駄一疋を賜はせよ/大鏡 昔物語
(ラ変動詞「あり」に付いて)その状態が実現することを望む意を表す。…てほしい。 「年に受領などありてあらまほしきを、いかなるべきことにか、と伝へ聞こえられよ/大鏡 師尹」 「少しの事にも先達せんだつはあらまほしきことなり/徒然 52」 〔上代から用いられた「まくほし」に代わって、中古の和歌や仮名文などに用いられる。中世前期になると、擬古的な文章を除いて、一般に「たし」が多く用いられるようになる〕 → まくほし(連語)たし(助動)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

まほしの関連キーワード辞(日本語文法)まほしげなりまほしがる希望・冀望あらまほし大手 拓次はしたない無げの情けなずさう仮の宿り削ぎ棄つまほしさまくほし暑かはし念じ返す褻晴れ濡れ衣偲ばし装束くひ若し

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

まほしの関連情報