コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民服 コクミンフク

百科事典マイペディアの解説

国民服【こくみんふく】

日中戦争中の1940年から敗戦時まで,日本の男性の日常着・礼服として着用された服。政府の提唱した〈国民精神総動員〉の一環として1940年11月1日の勅令で制定された。色は国防色(カーキ),衿の形の違い,ポケットやベルトの有無などで甲号と乙号があり,いずれもチョッキ,ネクタイ,ワイシャツがなく,上衣,中衣,袴(ズボン),外套,帽子,靴で構成される。女性には1942年〈婦人標準服〉が定められた。洋服型の甲号と和服型の乙号のそれぞれに一部式・二部式があり,上衣にスラックスまたはもんぺ下衣という活動衣もあった。国民服・標準服とも材料難からあらゆる層に浸透するには至らなかったが,戦後に女性の洋装化が進むきっかけとなった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくみんふく【国民服】

1940年11月1日の勅令で制定された戦時常用衣服(図)。日中戦争から太平洋戦争にかけて政府の提唱した〈国民精神総動員〉の衣料面における一環として,〈国民被服刷新委員会〉(1939)を中心に制定がすすめられた。軍服としても着られることや経済性などの諸条件を付して公募し,40年1月に発表,一般に普及し始めたところで法制化された。甲号と乙号があり,色は国防色(カーキ色),それぞれ上衣,中衣,袴(ズボン),外套,手套,帽子,靴から成る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こくみんふく【国民服】

1940年(昭和15)国民の着用すべきものとして制定された服。軍服に似た形の男子服のほか、女性(女学生)用のものもあった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国民服
こくみんふく

日中戦争下の国民精神総動員運動の一環として、1940年(昭和15)11月1日公布施行の国民服令で制定された男子の服装。国防色(カーキ色)の上衣と袴(こ)(ズボン)、中衣(シャツ)、帽、外套(がいとう)、手套、靴からなり、上衣に衽(おくみ)型と帯型をつけた甲号と、軍服調の乙号の2種があった。制定のねらいは、軍民被服の近接、被服資源の有効利用、和洋二重の衣生活合理化などで、東京日日、大阪毎日両紙と被服協会が前年11月に行った公募(応募282点)の入選作品をもとにデザインされた。古代紫色の組紐(くみひも)の儀礼章を胸につければ礼装になった。官吏や教員を手始めに一時は広く普及したが、敗戦後は着られなくなった。なお女性用には、42年(昭和17)2月厚生省が中心となり、648点の公募作品を参考に、スカート式の甲号、和服式の乙号、もんぺ(スラックス)式の活動衣の3種の婦人標準服が決定され、ことに活動衣は戦中・戦後のもんぺ、スラックス普及に道を開いた。[森脇逸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

国民服の関連キーワードエリツィンフスタネラぺろぺろ民族衣装戦闘帽女学生男子服

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国民服の関連情報