山袴(読み)やまばかま

  • 山×袴

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

もんぺ軽衫 (かるさん) ,ゆきなど地方によって多くの呼称のある労働着の一種。上袋の両脇を裂き,紐で結ぶようになっている。北海道,東北信越北陸などの積雪地帯で多く着用されるが,防寒より和服の労働着として重宝がられ,昭和の初期までは男も着用した。今日でも農山村では女性の労働着として着用されている。朝鮮半島や中国の山間部でもこれに似たものがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

主として地方農山村に住む農民が,男女にかかわらず日常生活あるいは農耕その他の労働に際して着用した(はかま)の一種。一方,都市にあっては,特殊な仕事に従事する職人が着用した下半総称。現在では一部の農民および職人に限られ,またまれに老人層に見られる程度である。しかし,日本での服装は古くより上下に分かれた二部式であったことから,下衣の袴は服装構成上重要なものであった。山袴はこれら袴類の起源系譜を解明するうえで,貴重な資料と考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農山村の農民が仕事をする際に着用する袴の総称。座敷袴に対する語。この袴は地方により、もんぺ、かるさん、裁着(たっつけ)、裾細(すそぼそ)、でたち、またしゃれなど、さまざまのことばが使われている。いずれも4枚はぎと襠(まち)があるのが特色。材料は総じて木綿の縦縞(たてじま)が主で、絣(かすり)はその次である。だいたいは腰板がなく、袴をはく際には後ろをすこし引き下げて紐(ひも)で結ぶ。

 その被服構成にはそれぞれ相違があり、裁着は、武士の立付(たっつけ)から転じたもので、四幅(よの)袴の裾(すそ)に脛巾(はばき)を縫合させたところに特色があり、かるさんは、南蛮人の袴に類似しているところから名づけられたものである。裾細は、袴の裾にいくにつれて細くなった仕立て。でたちは、出て立つときに着用するという袴の意、またしゃれは、「ちょっとお待ちください」という語から出たもので、宮城・福島県境で用いられた。会津地方で、山袴をサルッペというのは、猿袴(さるばかま)のことで、猿回しの猿がはくような袴の意である。いずれも郷土色豊かな名称と形態をもつもので、その内容は複雑である。

 江戸時代伊賀者がはいた裁着は、伊賀袴といわれたり、幕末に農兵を率いて非常時に備えた江川太郎左衛門考案の江川袴も山袴の変型である。その郷土的特色をもちながら発達した服飾品の山袴は、名称だけでも数百に及ぶとされている。

[遠藤 武]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 労働用の袴の一つ。腰板のないカルサン・もんぺなど。
※お絹とその兄弟(1918)〈佐藤春夫〉「鹿の皮でこしらへた山袴をはいた白髪のお爺さんが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の山袴の言及

【袴】より

…前後両部からなり,下部は左右に分かれて筒状に縫い合わされ,ここに両足を通し,上部につけられたひもを結んで着装する。山袴のように布幅の少ないものはズボン状をなすが,襠高(まちだか)袴のように布幅の多いものはきわめて緩やかで,行灯(あんどん)袴のようにスカート状のものもある。〈婆加摩(はかま)〉の語は早く《日本書紀》に見え,また袴,褌の文字もすでに《古事記》《日本書紀》に用いられている。…

※「山袴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android