やまと山脈(読み)やまとさんみゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

やまと山脈
やまとさんみゃく

南極大陸クイーンモードランド,昭和基地の南南西約 300kmの地点にある山脈。7つのやや大きな山塊と,多数のヌナタク (孤立峰) から成り,標高約 2200~2400mの山頂が,標高 1600~2000mの大陸氷の上に 50km以上にわたって南北にそびえる。花崗岩,閃緑岩片麻岩から成る。日本の探検隊が 1960年に発見,調査し,69年,付近の裸氷 (青氷) 地帯から9個の隕石が発見され,続いて 73年に 12個,74年に 663個,75年に 307個を採集,「やまと隕石」と命名されて世界的に有名になった。 79~80年シーズンには約 3000個を採集。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やまと‐さんみゃく【やまと山脈】

南極大陸のクイーンモードランドにある山脈。昭和基地の内陸約300キロメートルに位置する。標高約2000メートルの氷床上に六つの山塊が突出する。最高峰は福島岳(標高2494メートル)。1960年に日本隊が初調査。同年、航空機による偵察を行ったベルギー隊は、クイーン=ファビオラ山脈と命名した。周辺の氷原上で大量の隕石が見つかっており、やまと隕石とよばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やまとさんみゃく【やまと山脈】

南極の南緯71.5゜,東経35.7゜を中心に南北約50kmに点在する6群(A~F)の山塊からなる。標高約2000mの氷床上に突出する2494mの福島岳が最高。1960年末に日本隊が初調査をして翌年正式に命名された。周囲の裸氷上で1969年12月に隕石が発見され(やまと隕石),現在約4000個に達する。1960年10月にベルギー隊の航空機による偵察があり,同国はクイーン・ファビオラ山脈Queen Fabiola Mountainsと命名した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

やまと山脈
やまとさんみゃく

南極、昭和基地の南西約300キロメートルの南緯71度30分、東経35度40分を中心に、南北に点在する六群の山塊。標高約2000メートルの氷床上に突出する福島岳(2494メートル。1960年遭難の福島紳(しん)隊員にちなむ)が最高峰。1960年(昭和35)末に日本隊が初調査を行い、翌年正式に命名した。1969年末に裸氷上で隕石(いんせき)(やまと隕石)を発見し、以後その数は5000個に達する。1960年10月に航空機から見たベルギー隊は、クイーン・ファビオラ山脈Queen Fabiola Mountainsと命名した。[楠 宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android