コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やまと山脈 やまとさんみゃく

4件 の用語解説(やまと山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

やまと山脈
やまとさんみゃく

南極大陸クイーンモードランド昭和基地南南西約 300kmの地点にある山脈。7つのやや大きな山塊と,多数のヌナタク (孤立峰) から成り,標高約 2200~2400mの山頂が,標高 1600~2000mの大陸氷の上に 50km以上にわたって南北にそびえる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やまと‐さんみゃく【やまと山脈】

南極大陸のクイーンモードランドにある山脈。昭和基地の内陸約300キロメートルに位置する。標高約2000メートルの氷床上に六つの山塊が突出する。最高峰は福島岳(標高2494メートル)。1960年に日本隊が初調査。同年、航空機による偵察を行ったベルギー隊は、クイーン=ファビオラ山脈と命名した。周辺の氷原上で大量の隕石が見つかっており、やまと隕石とよばれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やまとさんみゃく【やまと山脈】

南極の南緯71.5゜,東経35.7゜を中心に南北約50kmに点在する6群(A~F)の山塊からなる。標高約2000mの氷床上に突出する2494mの福島岳が最高。1960年末に日本隊が初調査をして翌年正式に命名された。周囲の裸氷上で1969年12月に隕石が発見され(やまと隕石),現在約4000個に達する。1960年10月にベルギー隊の航空機による偵察があり,同国はクイーン・ファビオラ山脈Queen Fabiola Mountainsと命名した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

やまと山脈
やまとさんみゃく

南極、昭和基地の南西約300キロメートルの南緯71度30分、東経35度40分を中心に、南北に点在する六群の山塊。標高約2000メートルの氷床上に突出する福島岳(2494メートル。1960年遭難の福島紳(しん)隊員にちなむ)が最高峰。1960年(昭和35)末に日本隊が初調査を行い、翌年正式に命名した。1969年末に裸氷上で隕石(いんせき)(やまと隕石)を発見し、以後その数は5000個に達する。1960年10月に航空機から見たベルギー隊は、クイーン・ファビオラ山脈Queen Fabiola Mountainsと命名した。[楠 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やまと山脈の関連キーワード白瀬氷河南極ロス海南極海クジラ・サンクチュアリ南極点南極地方南極交響曲白瀬隊の南極探検ウィルクス・ランド《南極の心臓》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

やまと山脈の関連情報