よろよろ

精選版 日本国語大辞典「よろよろ」の解説

よろ‐よろ

[1] 〘〙 (「と」を伴って用いることもある) 足どりが確かでなく、よろめくさまを表わす語。
平家(13C前)三「歩むやうにはしけれ共、はかもゆかず、よろよろとして出きたり」
※俳諧・貝おほひ(1672)二四番「酒のゑひは、誠に一盃過たるとみえて、足もとはよろよろとよはく侍れども」
[2] 〘形動〙 (一)に同じ。
防雪林(1928)〈小林多喜二〉八「よろよろになった百姓が、つっ飛ばされるやうに、のめって入ってきた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「よろよろ」の解説

よろ‐よろ

[副](スル)足もとがしっかりせず倒れそうなさま。よろめくさま。「一撃をくらってよろよろ(と)した」「酔って、よろよろ(と)歩く」
[類語]ふらふらぐらぐらよたよたゆらゆらぐらつくふらつくくらっとくらくらくらりぐらりぐらっとめまい立ちくらみ眩暈目がくらむ目が回るふらっと

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android