ぐらぐら(読み)グラグラ

デジタル大辞泉の解説

ぐら‐ぐら

[副](スル)
物が揺れ動いて安定しないさま。また、事柄や気持ちなどが動揺するさま。「歯がぐらぐらする」「地震で建物がぐらぐら(と)揺れる」「方針がぐらぐらしていて信頼できない」
湯などが煮え立つさま。「鍋の湯がぐらぐら(と)煮え立つ」
めまいがして倒れそうになるさま。くらくら。「二日酔いで頭がぐらぐらする」
[形動]揺れ動いて、安定しないさま。「古びてぐらぐらないす」
[アクセント]ラグラ、はグラグラ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐらぐら

[1] ( 副 ) スル
揺れ動いて安定しないさま。 「地震で家が-揺れる」 「悪い歯が-する」 「意見が始終-と動いて/一隅より 晶子
湯が盛んに煮えたぎるさま。 「鍋が-煮え立つ」
[0] ( 形動 )
に同じ。 「歯が-になる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぐらぐらの関連情報