よたよた

精選版 日本国語大辞典の解説

よた‐よた

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある) 動き、特に歩く足どりなどがしっかりしていないさまを表わす語。
※江戸繁昌記(1832‐36)五「那の二箇、争にか手軟かに足柔ならざるを免れ、扭々(ヨタヨタ)、立站し穏ならず」
※めぐりあひ(1888‐89)〈二葉亭四迷訳〉一「馬は〈略〉だるさうにヨタヨタと歩いて行く」
[2] 〘形動〙 歩き方や動き具合がしっかりしていないさま。
※遅過ぎた日記(1954)〈長与善郎〉東京へ還る「米また三七キロ配給になり〈略〉ヨタヨタになって背負ってくる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よた‐よた

[副](スル)足の動きがしっかりしていないさま。「疲れきってよたよた(と)歩く」「よたよたした足どり」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android