コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くらくら クラクラ

3件 の用語解説(くらくらの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くら‐くら

[副](スル)
めまいがして倒れそうになるさま。ぐらぐら。「頭がくらくら(と)する」
湯などが沸きたつさま。ぐらぐら。
「炉に掛けた鉄瓶の湯は―沸き立っていた」〈藤村
怒りや嫉妬などで心の中が燃え立つようなさま。
「彼女の―と嫉妬に燃えた眼の前に」〈広津和郎・風雨強かるべし〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

くらくら

岡山の米焼酎。酒名は、酒を飲んで酔った様子と蔵をかけたもの。原料は米、米麹。アルコール度数25%。蔵元の「白神酒造」は明治42年(1909)創業。清酒「玉司」の醸造元。所在地は倉敷市福井。

出典|講談社
[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

大辞林 第三版の解説

くらくら

( 副 ) スル
目まいがして、体が倒れそうになるさま。 「頭が-する」
湯などが煮えたぎるさま。ぐらぐら。 「湯を-とかへらかいて/史記抄 18
怒り・嫉妬などのため、心の中がたぎるさま。 「宵から-燃え返るを、姑しゆうとめが婿の悋気りんきと浮名がいやさに笑顔つくつて/浄瑠璃・鑓の権三

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

くらくらの関連情報