コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ろうそく(蝋燭) ろうそく

百科事典マイペディアの解説

ろうそく(蝋燭)【ろうそく】

灯火用具の一つ。西洋でも中国でも前3世紀ごろには存在していたことが,燭台の出土から知られる。日本にも中国からもたらされ,奈良時代には宮廷などで用いられた。広く普及したのは江戸時代である。
→関連項目蜜蝋

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android