コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ろうそく(蝋燭) ろうそく

1件 の用語解説(ろうそく(蝋燭)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ろうそく(蝋燭)【ろうそく】

灯火用具の一つ。西洋でも中国でも前3世紀ごろには存在していたことが,燭台の出土から知られる。日本にも中国からもたらされ,奈良時代には宮廷などで用いられた。広く普及したのは江戸時代である。
→関連項目蜜蝋

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ろうそく(蝋燭)の関連キーワード否でも応でも貝桶ツェルトザック火叩き理が非でもデモ・る何でも彼んでも「静夜思」李白シンガード

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone