コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイカメラ アイカメラeye camera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイカメラ
eye camera

眼あるいは視線の動きを調べて写真,絵,文字,テレビ画像などのなかで関心の向く部分を知り,広告の効果,臨床心理学の検査などに応用する実験心理学装置。眼の近くに小光源を置き,角膜で反射した光スポットをフィルムに記録するアイ (またはアイマーカー) カメラ,フィルムの代りにテレビカメラでとらえてテレビモニター上に映し出すテレビジョン・アイ (またはアイマーカー) カメラ (あるいはテレビジョン視線記録計) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アイ‐カメラ(eye camera)

角膜に光を投射し、その反射光によって眼球の動きをとらえる装置。自動車の運転者の目の動きの分析などに使用。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

アイカメラ【eye camera】

角膜に光を投射し、眼球の運動を反射光の動きで連続的にとらえる装置。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

アイカメラの関連キーワードオフサルモグラフ広告心理学効果分析

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アイカメラの関連情報