アイグン(愛琿)条約(読み)アイグンじょうやく

旺文社世界史事典 三訂版の解説

アイグン(愛琿)条約
アイグンじょうやく

1858年5月,ロシアと清朝の間に結ばれた条約
シベリア総督ムラヴィヨフは,清が太平天国やイギリス・フランスとの紛争に苦しんでいるのに乗じ,清の代表奕山 (えきざん) に強要して,黒竜江中流のアイグン(愛琿)で締結,黒竜江をロシアと清の国境とした。また,ウスリー江以東の沿海州を共同管理地とし,黒竜江・松花江・ウスリー江の航行権を認めさせた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報