コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイシング icing

翻訳|icing

デジタル大辞泉の解説

アイシング(icing)

粉砂糖に卵白を加えて練ったもの。ケーキなどの表面に塗る。
アイスホッケーで、センターラインの後方からパスまたはシュートしたパックがノータッチで直接相手のゴールラインを越えること。アイシング‐ザ‐パック。→フェースオフ
炎症の鎮静や疲労回復などのために、身体の一部を氷などで冷やすこと。
着氷1

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

アイシング

 (1) ケーキ,ペストリー,クッキーなどを,砂糖を主とするクリーム状のペーストなどで飾ること.(2) 氷蔵の意味にも使う.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

アイシング【icing】

洋菓子やパン、果物などにかける糖衣。砂糖を水や卵白に溶き混ぜたものやフォンダンを用いるほか、洋酒バター・クリームチーズ・チョコレートなどを混ぜて用いることもある。◇「フロスティング」「グラス」ともいう。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

アイシング【icing】

粉砂糖・バター・卵白などを泡立て、菓子類の表面にかぶせるもの。糖衣。
着氷。
アイス-ホッケーで、レッド-ラインの手前から打ったパックが直接相手のゴール-ラインを越えること。アイシング-ザ-パック。
筋肉を氷で冷やすこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイシング
あいしんぐ
icing

菓子類のデコレーションの一種。菓子類の表面を飾る装飾的役割をし、また、菓子の乾燥を防ぐ効果がある。材料は卵白と砂糖で、作り方は、卵白に粉砂糖を少量ずつ加えながら泡立て、レモン汁を加える。これを塗ると、不透明な薄氷が張ったような感じになり、名前はこれに由来する。[小林文子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アイシングの関連キーワードチャーリー・ホース(大腿四頭筋打撲・挫傷)野球肘(投手肘/リトルリーグ肘)ジャンパー膝(膝蓋靱帯炎)アイスホッケーの反則と罰則ジョガー足(足底筋膜炎)甲子園大会サポートチャン ドンゴンおとなの野球肩アイスホッケー打撲(打ち身)アイシン開発アイシン化工コラーゲンうきぶくろ樫村まゆこドーナツテニス肘ホッケー洋菓子野球肩

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アイシングの関連情報