コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオカビ

2件 の用語解説(アオカビの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

アオカビ

 →ペニシリウム属

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオカビ
あおかび / 青黴
[学]Penicillium

不完全菌類、モニリア目に属するカビをいう。ペニシルPenicil-とは箒(ほうき)を意味し、分生子柄―梗子(こうし)(フィアライド)―分生子の形態が箒状であるためにこの名がある。このような無性生殖のほかに、子嚢殻(しのうかく)―子嚢―子嚢細胞による有性生殖をもつグループもある。これはユーペニシリウムEupenicillium、タラロミセスTalaromyces、カルペンテレスCarpentelesなどの属として取り扱われ、ペニシリウムとともにアオカビとよばれる。このように有性生殖をもつ属は、子嚢菌類、ユーロチウム目(コウジカビ目)に属する。アオカビが発見された当初は1種類と思われ、パンがこれによってかびるので「パンのカビ」とよばれた。現在は300種以上発見され、外観は青色、緑色以外に紫色、オレンジ色、灰白色、黄色、白色などを呈するものまである。地球上に広く分布し、人間の生活環境中では、食品および食品材料や衣類などの上によくみられる。シトリヌムP. citrinumやイスランディクムP. islandicum、トクシカリウムP. toxyicariumは有毒性の物質を生ずることが知られ、黄変米や動物の飼料の不適といった問題となる。工業的には抗生物質の生産、酵素の製造、核酸関連物質の生産など、利用価値が高い。[曽根田正己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アオカビの関連キーワードペニシリン青黴黄変米ガリウム砒素ICペニシラミンペニシリンショックメソトリウムペニシリウム属ペニシリン酸ボリウム (borium)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アオカビの関連情報