アオキ(読み)あおき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオキ
あおき / 青木・桃葉珊瑚
[学]Aucuba japonica Thunb.

ミズキ科の常緑低木。高さ2~3メートルの株立ちになり、枝は緑色で太い。葉は対生し、長楕円(ちょうだえん)形、長さ8~20センチメートルで縁(へり)に粗い鋸歯(きょし)があり、濃緑色で質が厚く表面につやがある。3~4月ごろ枝先に円錐(えんすい)花序をつけ、紫褐色の小さい花弁4枚の花が開き、雌株と雄株の別がある。雄花には雄しべ4本、雌花には雌しべが1本ある。果実は雌株につき、楕円形、長さ1.5~2センチメートルの核果が初冬に深紅色に色づき、翌年の春までついている。宮城県以南の本州、四国、九州、沖縄の樹林下に生える。耐陰性、耐寒性があって栽培しやすいので、広く庭に植えられ、目隠し、風よけ、下木などに利用する。
 いろいろな園芸品種があり、アマノガワは葉の全面に淡黄色の斑点(はんてん)が多く、キンアオキは葉が黄色で緑色の斑点がある。シロミノアオキは花が淡緑色で果実が淡黄白色になり、ホソバアオキは葉が線状披針(ひしん)形で細い。変種のヒメアオキvar. borealis Miy. et Kudoは葉がやや小さく、若い枝や葉柄、葉の裏面葉脈上などに微毛があり、北海道南部、本州の日本海側に生え、多雪地方でもよく育つ。
 民間では、葉を刻んで銀紙に包み、火にあぶって泥状にしたものをおできに塗布する。百草(ひゃくそう)、陀羅尼助(だらにすけ)などの黄柏(おうばく)エキスの黒いつやをよくするのに葉を加える。また、葉を牛や馬の飼料にする。[小林義雄]
 元禄(げんろく)時代(1688~1704)までに栽培化されていたアオキは、貝原益軒(えきけん)の『花譜』(1694)には、「赤い実も見るに絶えたり」と出ている。また増田金太の『草木奇品家雅見(そうもくきひんかがみ)』(1827)には、七つの斑(ふ)入り品種があがっている。海外には、1783年(天明3)にイギリスのジョン・グレツァーが日本からヨーロッパへ伝えて、大きな反響をよんだが、雌木の株で結実せず、その後1860年(万延1)に横浜開港とともに来日したフォーチュンが雄木を採集し、軍艦でイギリスに運んだ。[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アオキ

本社は大阪府東大阪市で、従業員は約40人。1961年に青木鉄工所として創業し、タイヤ部品加工などを手がける。95年から米ボーイング社の777型機の部品生産を始め、2012年には宇宙航空研究開発機構(JAXA)と無人飛行機を共同開発した。

(2015-07-23 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アオキの関連情報