コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカタテハ アカタテハ Vanessa indica

4件 の用語解説(アカタテハの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカタテハ
アカタテハ
Vanessa indica

鱗翅目タテハチョウ科のチョウ。前翅長 37mm内外。前翅の先半は黒色で白色斑があり,下半は橙赤色で黒色斑がある。後翅は暗褐色で外縁は橙赤色。後翅裏面には網状模様がある。年数回発生して成虫で越冬し,冬でも暖かい日には飛翔することがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アカタテハ

鱗翅(りんし)目タテハチョウ科の1種。開張67mm内外。黒色,だいだい赤の斑と小白紋がある。裏面は複雑な雲状紋。幼虫はイラクサ科とニレ科の植物の葉を食べ,成虫は年数回発生し,成虫で越冬。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アカタテハ【Vanessa indica】

鱗翅目タテハチョウ科の昆虫(イラスト)。インドからアジア東部に広く分布するが,北西アフリカ沖のカナリア諸島マデイラ島にも分布している。前・後翅の表面に赤い紋のあるタテハチョウで,開張6.5cm前後。日本全国にふつうであるが,個体数は必ずしも多くない。海岸から高山のお花畑まで,垂直分布広範囲にわたり,季節的に高地と低地の間を移動している可能性もある。年に少なくとも2回は発生し,成虫で越冬する。屋内や軒先などで越冬するものは冬でも暖かい日には飛ぶことがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカタテハ
あかたては / 赤
Indian red admiral
[学]Vanessa indica

昆虫綱鱗翅(りんし)目タテハチョウ科に属するチョウ。琉球(りゅうきゅう)列島(南西諸島)を含む日本全土に広く分布し、各地に普通にみられる。しかし、その飛び方が速くて捕らえにくい。日本以外では朝鮮半島、中国全土、台湾、インド、スリランカなどに産する。ヨーロッパのスペイン、ポルトガル、アフリカ北西岸のマデイラ諸島やカナリア諸島にも産するが、これは人為的にインドから持ち込まれたものといわれている。はねの開張は60ミリメートル内外。雌雄による色彩や斑紋(はんもん)の差異はない。寒冷地では年1回の発生であるが、西南日本の暖地では多化性で年3~4回発生し、冬季を除いてほぼ年中その姿をみることができる。成虫は樹液や花にくる。幼虫の食草はカラムシ(マオ)、イラクサなどのイラクサ科植物、寒冷地ではニレ類やケヤキなどのニレ科植物につくことも多い。まれにアサ科植物にもつく。越冬態は成虫であるが、暖地ではときに幼虫で冬を越すこともある。日本では本種に近縁なものにヒメアカタテハがある。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アカタテハの関連キーワードキタテハタテハチョウ孔雀蝶木の葉蝶胡麻斑蝶豹紋蝶小緋威蛺蝶キベリタテハサカハチチョウ(逆八蝶)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アカタテハの関連情報