コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカバ湾 アカバわん Gulf of Aqaba

6件 の用語解説(アカバ湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカバ湾
アカバわん
Gulf of Aqaba

紅海の北東に位置する湾。死海から東アフリカへ続く大地溝帯の一部を形成する湾で,成因は陥没による。サウジアラビアエジプトイスラエルヨルダンに囲まれている。幅 20~30km,長さ約 160km。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アカバ‐わん【アカバ湾】

`Aqabaシナイ半島アラビア半島との間にある湾。湾口のティラン海峡紅海に続く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アカバ湾【アカバわん】

紅海北部,エジプトのシナイ半島東岸とサウジアラビアにはさまれた幅19〜27km,長さ約160kmの海湾。南端にティラン海峡,北端にヨルダンの海港アカバとイスラエルのエイラト港がある。
→関連項目エイラト紅海

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アカバわん【アカバ湾 Khalīj al‐‘Aqaba】

紅海の最奥部でシナイ半島の両側に存在する湾入のうち東側の部分。イスラエルではエイラトEilat湾と呼ぶ。幅約19~27km,長さ約160km。入口は狭くティランなどの小島が存在する。最奥部は幅約8kmでエジプト,イスラエル,ヨルダン,サウジアラビアの国境が集中しており,ヨルダンの唯一の港アカバ,イスラエルのエイラト港がある。アカバ湾の自由航行権をめぐる問題はアラブ・イスラエル紛争の重要な争点となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アカバわん【アカバ湾】

〔 ‘Aqaba〕 シナイ半島とアラビア半島の間にある湾。紅海の最北の海域にあたり、湾奥にヨルダンのアカバ、イスラエルのエーラトの港市がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカバ湾
あかばわん
Kalig el ‘Aqaba

シナイ半島とアラビア半島の間にある紅海北端の支湾。イスラエル名ではエイラトEilat湾という。南北約160キロメートル、東西の幅は19~27キロメートルの細長い湾で、湾の奥にイスラエルのエイラト港とヨルダンのアカバ港がある。両国にとってアカバ湾は紅海への唯一の出口であり、アカバ湾口のティラン海峡は、経済的にも軍事的にも非常に重要な位置を占める。1956年の第二次中東戦争ののち、ティラン海峡の自由航行権がイスラエルに与えられた。しかし1967年、エジプトは同海峡の対イスラエル封鎖を発表、これが同年6月の第三次中東戦争の直接のきっかけとなった。[高橋和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アカバ湾の関連キーワード有無実存シナイ半島白海実在シナイ山ポーテージ渓谷マライ半島ダッチャシナピン酸

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アカバ湾の関連情報