コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクアチント aquatint

翻訳|aquatint

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクアチント
aquatint

銅版技法の一種。 18世紀,水彩画の効果を表現すべく発案された。最初,錫または銅版上に樹脂の粉末を散布,これらが溶融し定着するまで熱を加え,その上から酸をまき,酸による腐食を行う。この樹脂の対酸性によって微妙な黒白の斑点による濃淡が形成される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アクアチント(aquatint)

腐食銅版の技法の一。銅板の表面に松脂(まつやに)の粉末などを塗って多孔(たこう)質の地を作り、白くしたい部分に防食剤を塗って腐食液に浸すもの。防食剤を塗る時間をずらすことによって、面の微妙な濃淡の調子が得られる。エッチングと併用されることが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アクアチント【aquatint】

腐食銅版画法の一。微妙な濃淡(深浅)をもった水彩画風の効果が得られる。エッチングを併用することが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アクアチント
あくあちんと

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アクアチントの関連キーワードロバート・ピーター マンゴールドロバート マザーウェルA. アントニーニウィル バーネットW. ティボードビュクールセーヘルスカサット凹版印刷科学写真深浅凹版版画

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アクアチントの関連情報