コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクアビット 〈デンマーク〉・〈スウェーデン〉akvavit

百科事典マイペディアの解説

アクアビット

スカンジナビア諸国でつくられる蒸留酒。ラテン語aqua vitae(生命の水)が語源。15世紀以前からある。ジャガイモ(もしくはライムギ)を原料とし,麦芽で糖化,発酵させる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

アクアビット

 スカンジナビア地方の蒸留酒で,穀類,ジャガイモを原料とし,麦芽で糖化して発酵,蒸留し,キャラウエイなどで香味づけをし,再蒸留して作る酒.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アクアビット

スカンジナビア諸国の国民酒ともいうべき無色の蒸留酒。〈生命の水〉を意味するラテン語aqua vitaeの転じた語で,スウェーデン,ノルウェーでaquavitデンマークakvavitなどとつづる。別名をシュナップスといい,ドイツ,オランダでも造られる。スウェーデンでは15世紀から造られており,デンマークではそれ以前のものと推定される蒸留機が発掘されたという。ジャガイモを原料としてこれを麦芽で糖化・発酵後,精留して得たスピリッツに,キャラウェーを主にしてコリアンダーフェンネルその他の香草類,レモンやオレンジのピール(果皮)などを加えて再留する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アクアビット【aquavit; akvavit】

ラテン aqua vitae 生命の水の意〕
北欧諸国特産の蒸留酒。原料は小麦またはジャガイモ。色はふつう透明。味はウオツカに近い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飲み物がわかる辞典の解説

アクアビット【aquavit】


北欧諸国に産する蒸留酒。じゃがいもまたは小麦が原料で、キャラウェイやフェンネルの香味をつける。ふつう無色透明で、冷やしてストレートで飲むほか、カクテルに用いる。アルコール度数は40~45度。◇「生命の水」の意のラテン語「aqua vitae」から。

出典 講談社飲み物がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アクアビット
あくあびっと
aquavit

デンマーク、ノルウェー、スウェーデンなどスカンジナビア諸国でつくられるアルコール分40~45%のスピリッツ。この名前はラテン語のaqua vitae(生命の水)からきている。原料のジャガイモやライムギを麦芽で糖化し、発酵させる。蒸留は連続蒸留機によって95%の純正なアルコールをとる。これを約60%に薄め、キャラウェーの実を主とした草根木皮を加えて、ポットスチルで蒸留する。[秋山裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアクアビットの言及

【蒸留酒】より

…連続式蒸留機の蒸留酒は,アルコールの純度が高まるほど原料の特徴が失われ,酒はソフト化する。グレーンウィスキー,アルマニャックのほか,19世紀初めまでは単式によっていたウォッカ,アクアビット,ライトラム,さらにブレンド用ブランデー,甲類焼酎(ホワイトリカー)などが,現在この型の蒸留機によってつくられている。【菅間 誠之助】。…

※「アクアビット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アクアビットの関連キーワードトニックウォータースモーガスボードウオツカ洋酒

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android