コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクチノマイシン アクチノマイシン actinomycin

翻訳|actinomycin

4件 の用語解説(アクチノマイシンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクチノマイシン
アクチノマイシン
actinomycin

放線菌類から取出された抗生物質。放線菌の一種,Streptomyces antibioticusなどの培養液から有機溶媒で抽出した血赤色板状の弱塩基性ペプチドで,単一物質ではない。十数種類の物質に分離されるが,そのうち特にC,D,Jなどは悪性腫瘍の治療薬として有用であり,ことにCはホジキン病に用いられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アクチノマイシン(actinomycin)

抗生物質の一。アクチノマイシンDは小児の悪性腫瘍(しゅよう)特効薬

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アクチノマイシン

抗生物質。1940年ワクスマンらが放線菌から発見。広い抗菌性があるが,むしろ制癌薬として注目されている。A,B,C,Dなど20種以上あり,多くは赤色結晶。うち,C,D,Jが悪性腫瘍(しゅよう)とくにホジキン病絨(じゅう)毛上皮腫などの治療に用いられる。
→関連項目ワクスマン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

アクチノマイシン【actinomycin】

抗生物質の一。アクチノマイシン A ~ D があり、アクチノマイシン D が抗癌剤として臨床に用いられている。ホジキン病などの悪性腫瘍しゆように有効。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アクチノマイシンの関連キーワードエリスロマイシンストレプトマイシンブラストサイジンS放線菌症マクロライド系抗生物質オキシテトラサイクリン放線菌ストレプトミセスエバーメクチンクラリスロマイシン

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone