アクチノマイシン(英語表記)actinomycin

翻訳|actinomycin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクチノマイシン
actinomycin

放線菌類から取出された抗生物質放線菌の一種,Streptomyces antibioticusなどの培養液から有機溶媒で抽出した血赤色板状の弱塩基性ペプチドで,単一物質ではない。十数種類の物質に分離されるが,そのうち特にC,D,Jなどは悪性腫瘍の治療薬として有用であり,ことにCはホジキン病に用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アクチノマイシン

抗生物質。1940年ワクスマンらが放線菌から発見。広い抗菌性があるが,むしろ制癌薬として注目されている。A,B,C,Dなど20種以上あり,多くは赤色結晶。うち,C,D,Jが悪性腫瘍(しゅよう)とくにホジキン病絨(じゅう)毛上皮腫などの治療に用いられる。毒性は強い。
→関連項目ワクスマン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アクチノマイシン【actinomycin】

抗生物質の一。アクチノマイシン A ~ D があり、アクチノマイシン D が抗癌剤として臨床に用いられている。ホジキン病などの悪性腫瘍しゆように有効。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アクチノマイシン

〘名〙 (actinomycin) 抗生物質の一つ。制癌(がん)剤などに用いられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android