絨毛上皮腫(読み)じゅうもうじょうひしゅ(英語表記)chorioepithelioma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絨毛上皮腫
じゅうもうじょうひしゅ
chorioepithelioma

絨毛細胞から成る悪性腫瘍のこと。胎盤の絨毛を形成する上皮細胞が病的に増殖するもので,絨毛癌とも呼ばれる。正常分娩のあとにはまれで,胞状奇胎のあとで起りやすく,人工中絶,自然流産のあとにも発生することがある。欧米にはまれだが,東洋諸国にはかなり多い。不正性器出血が初発症状で,肺や脳に血行性の転移を起しやすい。診断には尿中の絨毛性ゴナドトロピン定量や組織検査を行う。治療は,子宮に局在する場合は子宮摘除術を行うが,転移の明らかな場合は制癌剤を用いる。胞状奇胎のあと予防的に制剤を投与し,少くとも2年間検診を続けることによって発生を予知できることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

絨毛上皮腫【じゅうもうじょうひしゅ】

子宮壁に接着する絨毛の上皮が異常増殖してできる悪性の腫瘍(しゅよう)。悪性絨毛上皮腫または絨毛癌とも。胞状奇胎の娩出(べんしゅつ)後や流産後に発生しやすい。初期の症状は強度の出血,褐色の帯下(たいげ)など。発生の早期から癌(がん)細胞が血液中に入り,発生後2〜3週間で転移を起こしやすく,子宮筋層だけでなく,腟(ちつ)壁,肺,肝臓,脳などに転移する。よりも悪性。尿中の性腺刺激ホルモン定量などにより早期発見して,制癌薬の投与や子宮摘除術を行う。
→関連項目アクチノマイシン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

絨毛上皮腫
じゅうもうじょうひしゅ

胎盤絨毛の上皮細胞由来の悪性腫瘍(しゅよう)で、悪性絨毛上皮腫または絨毛癌(がん)ともよばれ、肺、脳、肝臓、腎(じん)臓など全身性転移を好発する特徴をもつ。妊娠経験者にみられるが、発病患者数は少ない。[新井正夫]

分類

妊娠性と非妊娠性に大別される。妊娠性絨毛癌は、子宮および子宮外(卵巣や卵管など)の通常妊娠が成立しうる部位に病変のみられる正所性と、通常妊娠が成立しえない部位に病変があって正所性の病変のみられない異所性のものに細分される。なお、正所性で異所性を伴うものを転移性絨毛癌、伴わないものを非転移性絨毛癌という。また非妊娠性絨毛癌には、奇形腫性のものと、他の癌(胃癌や肺癌など)が絨毛癌様組織へ移行した分化異常によるものとがある。これらのほか、妊娠性とも非妊娠性とも区別しがたいものがある。
 妊娠性絨毛癌は、胞状奇胎および侵入胞状奇胎(胞状奇胎が子宮壁や骨盤血管内に侵入したもの)を含むあらゆる妊娠に続発しうるわけであるが、他の絨毛癌はまれである。また、過半数は胞状奇胎を先駆とするが、流早産や正常分娩(ぶんべん)、あるいは久しく妊娠していない女性にも突発することがある。なお、胞状奇胎の5~10%に絨毛癌の続発がみられる。[新井正夫]

症状

おもな自覚症状は、子宮出血をはじめ咳(せき)や血痰(けったん)、胸痛、貧血、衰弱感のほか、転移部位と関連して多彩な症状がみられ、診察のためにまず産婦人科を訪れるとは限らない点が問題である。肺転移はもっとも好発し、脳転移の場合は致命的となるケースが多い。[新井正夫]

診断

妊娠経験の有無、とくに胞状奇胎を経験しているかどうか、子宮出血の有無、転移病巣による症状の有無などが重要で、これに妊娠反応が陽性であれば疑いが強くなる。なお、肺転移の診断には胸部X線検査を行う。また、類似の症状がみられる絨毛性疾患の侵入胞状奇胎との鑑別診断も重要である。[新井正夫]

治療

まず化学療法が行われる。使用薬剤としてはメトトレキサートやアクチノマイシンDなどが優先されるが、抵抗性のこともある。病巣が限局している場合、あるいは化学療法で効果が認められないときには、手術療法も行われる。寛解率は50~60%とされるが、寛解および治癒の判定については、まだ統一見解がない。なお、おもな死因は重要臓器への転移による出血および脳転移である。[新井正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の絨毛上皮腫の言及

【睾丸腫瘍】より

…20~40歳代の性成熟期に最も多く,次いで小児期にも多い。病理組織学的に精上皮腫(セミノーマseminoma),胎生期癌,奇形腫,絨毛(じゆうもう)上皮腫などに分類され,それぞれにその性質や治療成績あるいは治療方針が異なる。症状は無痛性の睾丸腫張で,硬くはれるだけで痛みがないので,放置されやすい。…

※「絨毛上皮腫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android