コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクトミオシン アクトミオシンactomyosin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクトミオシン
actomyosin

筋肉の主要構成蛋白質であるアクチンとミオシンの複合物。 A.セント=ジェルジは筋肉を塩化カリウムで抽出して,ミオシンAとミオシンBを得たが,このミオシンBが,アクトミオシンであった。アクトミオシンの粘度は高いが,マグネシウム存在下に,アデノシン三リン酸 ATPを加えるとアクチンとミオシンが解離して,粘度の急低下を示し,このとき ATPが加水分解される。これは無傷筋肉内でのアクチンとミオシンのフィラメント間の架橋の切断および組換え,すなわち収縮における滑りと見合う現象と考えられる。またアクトミオシンを細いノズルから吹出して肉眼的なフィラメントをつくり,マグネシウムと ATPを添加すると,このフィラメントが ATPを分解しつつ縮むことも知られていて,筋収縮のモデル現象と考えられる。なお精製アクチンとミオシンを重量比で1:3に混合しても,同じ性質のアクトミオシンが合成できる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アクトミオシン

筋繊維を構成する収縮性の複合タンパク質。アクチンとミオシンの2種のタンパク質よりなり,長さ1μmほどの繊維状をなす。この溶液にATPを加えると沈殿を生じ,塩濃度の低い場合はさらにATPによって凝集して超沈殿といわれる現象を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

アクトミオシン

 骨格筋を低濃度の塩類溶液で,抽出した後,高濃度の塩類液で抽出して得られるタンパク質で,ミオシンBともよばれ主としてミオシンとアクチンからなり,トロポニントロポミオシンを含む.Ca2+,Mg2+とともにATPを加えると凝集して沈殿する(超沈殿).ATPアーゼ活性がある.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

アクトミオシン【actomyosin】

筋繊維の主要なタンパク質のミオシンとアクチンとが結合したもの。筋収縮の働きはこのタンパク質の性質に基づく。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アクトミオシン
あくとみおしん
actomyosin

アクチンとミオシンの結合体。新鮮な筋肉のひき肉を、濃い塩化カリウム溶液で抽出し、注射器で水の中に押し出すとゼリー状の紐(ひも)ができる。これは天然のアクトミオシンであるが、これにATP(アデノシン三リン酸)を加えるときゅっと縮まる。すなわち、ATPアーゼ活性を示す。この現象は1942年ハンガリーのセント・ジェルジー(1947年アメリカに亡命)により発見され、「試験管内での筋収縮」とよばれ注目された。精製アクトミオシン系ではアクトミオシンATPアーゼ活性はカルシウムイオンの制御を受けないが、江橋節郎(えばしせつろう)(1922―2006)は、アクトミオシンにカルシウム感受性を与えるタンパク質を発見し(1963)、この因子がトロポミオシン‐トロポニン複合体であることを示した(1965)。この結果は、筋収縮の機構の解明に寄与した。[飯島道子]
『日本物理学会編『生物物理のフロンティア――蛋白質 筋収縮 脳・神経』(1989・培風館) ▽神谷律・丸山工作著『細胞の運動』(1992・培風館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例