コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アケロン Acheron

翻訳|Acheron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アケロン
Acheron

ギリシア神話の冥府の川の名。しばしば冥界代名詞としても用いられる。死者の魂は冥府に行きつくためにカロンの操る渡し舟に乗ってこの川を渡らなければならないと信じられた。一伝によれば,この川は太陽ヘリオスと大地女神ガイアの子で,もとは地上を流れていたが,オリュンポスの神々がティタンらと戦ったおりに,後者の味方をしたためにゼウスにより地下界に落されたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アケロン【Acherōn】

ギリシア神話でステュクスStyxなどとともに冥界を取りまく川の一つ。語源は〈嘆きの川〉ほどの意。太陽の没する西方にあると考えられた。ここには渡し守カロンがいて,ヘルメス神に案内されて着いた亡霊から銭を取って対岸に渡した。そのための1オボロス銭を死者の口中にふくませるのがならわしであった。【辻村 誠三】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アケロン
あけろん
Achern

ギリシア神話における冥界(めいかい)の川。死者が冥界に行くには、渡し守カロンの舟でこの川を渡らなくてはならなかった。アケロンは大地の神ガイアの子で、オリンポスの神々が巨人族と戦ったとき、負けた巨人族に川の水を飲ませた罪のために地下に追放された。彼は闇(やみ)のニンフのオルフネ、またはゴルギラと交わってアスカラフォスを生んだ。同名の川は各地にあるが、エピロスにあるものは、深い谷間から発して中流は地下を通り、河口近くで有害な沼をなしていた。この特殊な川がアケロンと冥界との連想を生んだと考えられる。ローマ帝政期の神秘宗教では、アケロンは天の南極付近のアンティポデスの星座の間を流れていると信じられていた。[小川正広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アケロンの関連キーワードカロン(ギリシア神話)ギリシア神話ハデス

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android