コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アコヤガイ Pinctada fucata martensi; Martens' pearl oyster

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アコヤガイ
Pinctada fucata martensi; Martens' pearl oyster

軟体動物門二枚貝綱ウグイスガイ科。長 7cm,殻高 7.5cm,殻幅 3cm。別名真珠貝。殻は丸みのある四角形,背縁はまっすぐで,殻頂は低く前方に寄る。殻表は黄緑色から黒褐色で,黒紫色の斑や放射帯があり,成長脈が雲母状の薄片に発達して檜皮葺 (ひわだぶき) 状になっている。左殻は右殻よりもふくらみ,右殻の前縁には足糸湾入がある。内面は強い真珠光沢があるが,広い縁部には黄褐色と黒褐色の斑がある。太平洋側は房総半島以南,日本海側は男鹿半島以南奄美大島までと朝鮮半島南部に分布し,潮間帯から水深 10mの岩礫に付着している。性転換をする。産卵期は5~9月。1年で4~5cm,2年で5~6cm,4年で7~8cmに成長し,寿命は約 12年。水温 10℃以下では死亡する。2~3年貝を真珠養殖の母貝とし,丸い核 (ピグトウガイの殻などでつくる) に外套膜片 (ピース) をつけて体内に挿入し,2年ほどで採取する。なお,ベニコチョウガイは本種の紅色型である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アコヤガイ

ウグイスガイ科の二枚貝。殻の高さ7.5cm,長さ7cm,幅3cm。表面はよごれた灰褐色,内面は強い真珠光沢があり,左殻は右殻よりよくふくらむ。房総半島,男鹿半島以南九州まで分布し,水温10℃以上で水のきれいな内湾の水深10m以内の岩礁に足糸で付着する。
→関連項目真珠貝養殖真珠

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アコヤガイ
あこやがい / 阿古屋貝
Marten's pearl oystermother-of-pearl
[学]Pinctada fucata martensii

軟体動物門二枚貝綱ウグイスガイ科の二枚貝。真珠養殖の母貝にするので、一般にシンジュガイ(真珠貝)とよばれる。本種は熱帯の西太平洋からインド洋にかけて分布するベニコチョウガイ(紅胡蝶貝)P. fucataの日本型と考えられる。太平洋側では房総半島以南、日本海側では山形県以南に分布し、奄美(あまみ)諸島まで及ぶ。天然では潮間帯から水深10メートルぐらいまでの岩礁に足糸で固着し生活している。成体の殻長、殻高とも約80~100ミリメートルとなり、左殻は右殻より膨らみが大きい。背縁のかみ合せはまっすぐで長く、殻頂は前方に寄り、低い。前端は三角形の前耳となり、右殻の前縁に足糸の出る切れ込みがある。後端も三角形の後耳となり、いくぶん延びる。殻表は成長脈に沿って雲母(うんも)状片が重なり檜皮(ひわだ)状。普通、淡褐色で黒紫色の雲状斑(はん)や赤、緑、黄などの放射色帯がみられ、殻皮の鱗片(りんぺん)上にも横紋斑がある。内面は強い真珠光沢をもち、縁部の稜柱(りょうちゅう)層は黄褐色で黒斑帯がある。産卵期は5~9月。
 養殖真珠生産のための母貝は天然稚貝(ちがい)を採取して養成するが、人工孵化(ふか)採苗も行われる。手術は2~3年の貝を用い、産卵の際、核(淡水貝の貝殻を丸くした真珠を巻かせる芯(しん))が放出されないようあらかじめ産卵抑制か卵抜きをする。手術は核にほかの貝の外套膜(がいとうまく)の4~9平方ミリメートルの組織片(ピース)を添えて挿入し、核の周りに真珠層を分泌させる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アコヤガイの関連キーワードシンジュガイ(真珠貝)バイオテクノロジーカンザシゴカイパールコロッケパールグレイイノセラムス水産工芸品御木本幸吉珠貝・玉貝フェリチン黄金真珠シマハゼポリドラ穿孔動物水産増殖二枚貝類群体ボヤ五ヶ所湾自家汚染シロボヤ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アコヤガイの関連情報