コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサニャ Manuel Azaña y Díaz

大辞林 第三版の解説

アサニャ【Manuel Azaña y Díaz】

1880~1940) スペインの政治家。1931年王政を倒して共和国首相に就任。36年人民戦線派の勝利で大統領となるが内乱により亡命。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アサニャ
あさにゃ
Manuel Azaa y Daz
(1880―1940)

スペインの政治家。1月10日生まれ。王制末期に共和左派の指導者として共和革命運動に活躍。1931年4月に成立したスペイン共和国政府の陸相、ついで1931年10月首相となり、1933年9月まで政権を担当し、農地改革、カタルーニャ地方に対する自治権の承認など、不十分とはいえ一連の改革を行った。右翼政権期には左翼の象徴的存在として活動し、左翼=人民戦線の勝利に貢献した。1936年2月ふたたび首相、5月に大統領に選出されたが、7月の内戦勃発(ぼっぱつ)以後は、労働・農民運動の高揚、労働者諸党派の勢力増大のなかで有効な政治指導を行いえなかった。共和国敗北直前の1939年2月フランスに亡命して大統領を辞任、翌1940年11月3日モントーバンで死去した。なお、アサニャは文芸批評家としても有名である。[中塚次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アサニャの関連キーワードスペイン内戦就任内乱

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android