アサバスカ[川](英語表記)Athabasca River

世界大百科事典 第2版の解説

アサバスカ[川]【Athabasca River】

カナダ西部,アルバータ州の川。長さ1220km。マッケンジー川水系の上流部にある支流の一つで,カナディアン・ロッキー山脈のジャスパー国立公園内に発し,ほぼ北東流してアサバスカ湖に流入している。流域南部にカナダ・プレーリー地方北西端の小麦地帯があるが,北部は主として森林または原野となっている。下流域には世界最大級のオイルサンド地域があり,開発が進められている。【正井 泰夫】
[アサバスカ・タールサンド]
 アサバスカ川下流域には,オイルサンド(タールサンド)鉱床として知られる地層が発達している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android