コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アザデガン油田 あざでがんゆでん

2件 の用語解説(アザデガン油田の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

アザデガン油田

イラン南西部のイラクとの国境地帯の油田。イラン政府によれば260億バレルという世界最大級の確認埋蔵量を誇る。2000年夏から通産省(現経済産業省)がイランとの交渉を開始し、04年2月に日本企業グループが開発権益を取得した。総事業費は20億ドル(約2200億円)とされる。しかし、イラクとの国境地帯にあり、治安上の懸念が残る。また地下で油層がイラクのマジュヌーン油田につながっている可能性もあり、将来イラクとの間で問題となるかもしれない。原油の質も高くない。日本がこの油田の開発権の獲得に急いだ背景には、00年初めに日本のアラビア石油サウジアラビア政府の交渉が決裂し、同石油のサウジアラビアでの石油採掘権が失効した事実があり、その穴埋めとして大きな「成功」を経済産業省が求めていた、との見方もある。米国はイランの核疑惑が存在する時期に日本が投資すべきでないと、再三にわたり反対を表明している。日米関係の重視か、エネルギー確保か、日本は難しい立場に立たされている。同時に、これを機に同油田開発の経済性そのものを再検討すべきとの見解も存在する。巨額の税金を投入しての開発権取得の過程も、納税者に説明されるべきである。

(高橋和夫 放送大学助教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アザデガン油田
あざでがんゆでん
Azadegan

イランのフゼスタン州にある油田。1999年9月に発見された。イラン側の発表によると推定(原始)埋蔵量は260億バレル、可採埋蔵量30億~100億バレルともいわれる。イランでは過去30年で最大の発見といわれている。同油田の発見後、欧米のメジャーなどが開発への関与に関心を寄せていたが、2000年(平成12)11月、訪日中のイラン大統領ハタミと日本政府の間で交渉がまとまり、日本企業が同油田開発の優先交渉権を得ることが決定(その後優先交渉権は交渉期限の2005年6月末までに交渉が妥結しなかったため失効)。2004年2月に交渉当事者間で合意が得られ、日本の国際石油開発(略称インペックス。2001年インドネシア石油から社名変更。現国際石油開発帝石)がイラン国営石油会社(NIOC)およびその子会社と油田の評価・開発にかかわる契約を締結した。日本側は当初75%の権益を有していたが、2006年に65%をNIOCへ譲渡し、現在は10%の権益で開発に参加している。[小山 堅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アザデガン油田の関連キーワードイラン頸城油田いらくらイランイラク戦争イランイランクルディスタンバルチスタンイラク特措法老いらくガイランゲル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アザデガン油田の関連情報