コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシナガバチ(脚長蜂) アシナガバチ paper wasp

1件 の用語解説(アシナガバチ(脚長蜂)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アシナガバチ【アシナガバチ(脚長蜂) paper wasp】

膜翅目スズメバチアシナガバチPolistesに含まれる社会性カリウドバチの総称。働きバチが100匹以下の小さな群れをつくる。人里にも多くなじみ深いが,ときに皮膚を刺される被害が出る。体長10~25mm,体は細長く,黒色で各部に黄色や赤褐色の斑紋がある。女王バチと働きバチの形態差はない。寒帯や高山を除く全世界に広く分布し,百数十種。日本からは7種が知られている。人里でふつうに見られる種にフタモンアシナガバチP.chinensis(イラスト),セグロアシナガバチP.jadwigae,コアシナガバチP.snelleniがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アシナガバチ(脚長蜂)の関連キーワード足長蜂穴蜂黒雀蜂地蜂土蜂山蜂飴蜂雀蜂スズメバチの巣オオスズメバチ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone