アシナガバチ(脚長蜂)(読み)アシナガバチ(英語表記)paper wasp

世界大百科事典 第2版の解説

アシナガバチ【アシナガバチ(脚長蜂) paper wasp】

膜翅目スズメバチ科アシナガバチ属Polistesに含まれる社会性カリウドバチの総称。働きバチが100匹以下の小さな群れをつくる。人里にも多くなじみ深いが,ときに皮膚を刺される被害が出る。体長10~25mm,体は細長く,黒色で各部に黄色や赤褐色の斑紋がある。女王バチと働きバチの形態差はない。寒帯や高山を除く全世界に広く分布し,百数十種。日本からは7種が知られている。人里でふつうに見られる種にフタモンアシナガバチP.chinensis(イラスト),セグロアシナガバチP.jadwigae,コアシナガバチP.snelleniがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android