コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシュリー アシュリーAshley, William Henry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アシュリー
Ashley, William Henry

[生]1778頃.バージニアポーハタン
[没]1838.3.26. ミズーリ,クーパー
アメリカの毛皮商人,西部探検家,政治家。 1800年代初めミズーリにおいて事業に成功。 20年同州最初の代理総督となり,24年毛皮会社を設立。アメリカ西部の毛皮取引に画期的発展をもたらすとともに,27年政界に入って西部開拓に多大の貢献をした。

アシュリー
Ashley, William James

[生]1860.2.25. ロンドン
[没]1927.7.23. ケント,カンタベリー
イギリスの経済史家,経済学者。オックスフォード大学卒業後,カナダのトロント大学経済学教授 (1885) ,ハーバード大学で世界最初の経済史教授 (92) ,1901年新設のバーミンガム大学商学部の商業史教授として帰国,翌年同学部長となり,学部の基礎固めと新時代の要請する産業指導者養成に尽力し,のち同大学副学長 (1918~25) 。ドイツ歴史学派の影響を受けたイギリス歴史学派の一人。経済史を経済学の基礎と考え,イギリス経済史経済史学,経済思想史研究に多大の貢献をした。 02年に始る J.チェンバレンの関税改革運動でも有力な支持者の一人として活躍。各種の政府関係の委員会委員,諮問委員,統一党社会改革委員会委員などを歴任,26~27年イギリス経済史学会初代会長。また彼が編集した J.S.ミルの『経済学原理』はアシュリー版として有名。主著『英国経済史及学説』 An Introduction to English Economic History and Theory (2巻,1888~93) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アシュリー

英国の経済史家。カニンガムと並び英国経済史学を確立。カナダ,米国の大学で経済学を教え,帰国後バーミンガム大学で商学史の教授となる。ドイツ歴史学派の影響をうけ経済史を経済学の基礎とみなした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

アシュリーの関連キーワード市川春琳パリのパンテオン市川団十郎脚結抄伊藤蘭嵎金門五山桐山門上海スカラ座西山朝

アシュリーの関連情報