コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジア経済研究所 アジアけいざいけんきゅうじょ

3件 の用語解説(アジア経済研究所の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アジア経済研究所【アジアけいざいけんきゅうじょ】

独立行政法人JETRO日本貿易振興機構)の付置研究機関。1958年通産省所管の財団法人として設立,1960年同研究所法に基づき特殊法人化。政府出資が主,民間も出資。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アジアけいざいけんきゅうしょ【アジア経済研究所】

発展途上地域の経済と関連分野に関する日本最大の研究機関。英語名Institute of Developing Economies。アジア地域等の経済およびその関連諸事情の調査研究を行い,その成果の普及により,これら地域との貿易拡大と経済協力促進への寄与を目的として1958年通産省所管の財団法人として設立され,60年アジア経済研究所法に基づく同省所管の特殊法人として正式発足した。東京都新宿区にある。初代所長は東畑精一

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アジア経済研究所
あじあけいざいけんきゅうじょ

開発途上地域の調査研究を通じてこれら地域との貿易の拡大や経済協力の推進に寄与することを目的として設立された研究機関。1958年(昭和33)に通商産業省(現経済産業省)所管の財団法人として発足し、1960年にアジア経済研究所法の制定により特殊法人に改組された。その後1998年(平成10)、日本貿易振興会JETRO(ジェトロ))と統合し、その附置機関となる。1988年(昭和63)に制定された多極分散型国土形成促進法による閣議決定により移転対象機関となり、1999年に東京から千葉・幕張(まくはり)(千葉市美浜(みはま)区)に移転した。2003年日本貿易振興会が独立行政法人日本貿易振興機構となり、その附置研究機関となった。
 アジア経済研究所は、アジア地域をはじめ、開発途上地域全般にわたって経済およびその関連諸事情についての基礎的、総合的な調査研究を行うとともに、これらの地域に関する基本文献、資料、統計データなどの収集、整備に努め、開発途上国に関する資料センターとしての役割も果たしている。また、国連大学受託調査、海外客員研究員の受け入れ、国際シンポジウムの開催など、国際的な調査協力や研究交流も行っている。[秋山憲治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アジア経済研究所の関連キーワードエマージングマーケットDAC規模の経済性開発援助委員会後発発展途上国技術移転PBEC食料経済学特恵関税制度(財)損害保険事業総合研究所

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アジア経済研究所の関連情報