コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジャリア[自治共和国] Adzhariya

世界大百科事典 第2版の解説

アジャリア[自治共和国]【Adzhariya】

ザカフカスのグルジア共和国内の南西部を占める自治共和国。旧ソ連邦のもとではアジャリア自治ソビエト社会主義共和国であった。面積3000km2,人口39万3000(1989),首都はバトゥーミ。西部の黒海に臨む沿岸平野を除けば,大半がカフカス山系の山岳地帯,南部でトルコと国境を接する。アジャール人はグルジア人の一種族で,この地方のトルコ支配期(16~19世紀)に従来のキリスト教からイスラム化したもの。言語は基本的にグルジア語を保持する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アジャリア[自治共和国]の関連キーワードザカフカス

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android