アジャリア[自治共和国](英語表記)Adzhariya

世界大百科事典 第2版の解説

アジャリア[自治共和国]【Adzhariya】

ザカフカスのグルジア共和国内の南西部を占める自治共和国。旧ソ連邦のもとではアジャリア自治ソビエト社会主義共和国であった。面積3000km2,人口39万3000(1989),首都はバトゥーミ。西部の黒海に臨む沿岸平野を除けば,大半がカフカス山系の山岳地帯,南部でトルコと国境を接する。アジャール人はグルジア人の一種族で,この地方のトルコ支配期(16~19世紀)に従来のキリスト教からイスラム化したもの。言語は基本的にグルジア語を保持する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android