コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アズラキー al-Azraqī, Abū al-Walīd Muḥammad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アズラキー
al-Azraqī, Abū al-Walīd Muḥammad

9世紀のイスラム教徒歴史家。祖父アフマド (837没) の集めた資料をもとに,メッカとその聖域に関する歴史書『メッカ史』 Akhbār Makkaを著わした。

アズラキー
Azraqī, Abū Bakr Zayn al-Dīn

[生]? ヘラート
[没]1072以前
ペルシアの詩人。セルジューク朝時代にヘラートの太守トガーン・シャーに仕えた著名な頌詩詩人で,作品に『アズラキー詩集』 Dīwān-e Azraqīがある。『スィンド・バードの書』の作詩者としても知られるが,作品は散逸した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アズラキー【Azraqī】

?‐858以後
アッバース朝時代のメッカの歴史家。先祖のアズラクはルーム(小アジア)出身の奴隷で,メッカに住みつきウマイヤ家と婚姻関係を結んで勢力を伸ばした。メッカの歴史に興味を抱いた祖父のアフマドは,町と聖堂に関する膨大な史料を収集し,アズラキーはこれを利用して《メッカ史》を編纂。伝承や地誌の記述に富むこの著作は,後世メッカ史の典拠として大いに用いられた。【佐藤 次高】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アズラキー
あずらきー
Ab al-Masin Azraq
(?―1072ころ)

ペルシアの詩人。ヘラート出身で父は書店を営み、フィルドウスィーとの逸話は名高い。セルジューク朝初期の著名な詩人で、同朝のホラサーン太守やケルマン・セルジューク朝に仕えた。寡作な詩人で約2700句からなる『アズラキー詩集』は、頌詩(しょうし)が主体である。自然描写に優れ、独特の比喩(ひゆ)で知られ、ペルシア詩人伝にはかならず登場する優れた頌詩詩人である。[黒柳恒男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android