コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アセビ(馬酔木) アセビPieris japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アセビ(馬酔木)
アセビ
Pieris japonica

ツツジ科の常緑低木で,関東以西の山地に自生し,庭木としても植えられる。アシビともいう。高さ 1.5~3m,は枝先に集って互生し,倒披針形で細かい鋸歯がある。早春に,枝先から長さ 5cmほどの総状花序を下垂して,多数の壺状の白花をつける。葉に有毒成分が含まれているのでウマやウシが食べると麻痺するといい,馬酔木の名がある。葉の煎じ汁は害虫駆除に用いられる。材は細工物用,床柱用にも使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アセビ(馬酔木)【アセビ】

ツツジ科の低木または亜高木。本州,四国,九州の低山にはえるが,庭木としても植えられる。葉は常緑,倒披針形で革質,上面につやがある。3〜4月,花は総状について下垂するが,果実になると上を向く。
→関連項目ネジキレンゲツツジ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アセビ【アセビ(馬酔木) Japanese andromeda】

山地の風当りの強い乾いた土地に好んで生育するツツジ科の常緑低木で,多くの小枝を分けて密に葉をつける。樹高1.5~4m。葉は互生し,短い柄があって倒披針形,先はとがり,縁に低い鋸歯があり,質が厚く光沢がある。春,細長い総状花序が垂れ,多数の白色の花がつく。花冠はつぼ形で中に10本のおしべがある。の背面にとげ状突起があり,蜜を吸いにくる昆虫の動きによって,花粉を散りやすくしている。蒴果(さくか)は平たい球形で径5~6mm,多数の小さな種子がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアセビ(馬酔木)の言及

【有毒植物】より

…世界にさきがけて全身麻酔を行った華岡青洲の通仙散には,チョウセンアサガオの葉が用いられた。麻痺性有毒植物としては,ツツジ科のアセビ,レンゲツツジ,ハナヒリノキなどが酩酊状態を招き手足がしびれ呼吸麻痺で死にいたる中毒をおこす。ギリシアの歴史家クセノフォンの記録には,兵士たちがツツジ科植物に由来する蜂蜜をなめて狂乱しある者は死んだ,と書かれている。…

※「アセビ(馬酔木)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android